PROFILE
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

原発賠償関西訴訟 KANSAIサポーターズ

原発事故で関西に避難してきた人達による、国と東京電力に対しての損害賠償請求訴訟が始まりました。
KANSAIサポーターズは原告となった避難者の皆さんを応援しています!!
2019年9月8日_東京オリンピックがもたらすこれだけの危険
0

    KANSAIサポーターズのメーリングに流れた案内を紹介します。

    ↓↓

    ****************

    「東京オリンピックがもたらすこれだけの危険」

    **************** 

    ■講師■

    渡辺悦司さん

    (緊急出版「東京オリンピックがもたらすこれだけの危険」執筆者であり編集者)

    ■日時■

    9月8日(日)14時〜16時半

    ■場所■

    茨木市福祉文化会館301号室

    茨木市駅前四丁目7-55

    JR茨木駅・阪急茨木市駅から約700メートル

    ■参加費■

    300円

    ■主催・問い合わせ■

    放射能から子どもを守る会・茨木山本080一3113一2304垣内070-5668-2126

    ■呼びかけ文■     

    東京オリンピック・パラリンピックは開幕までにあと1年弱となりました。政府やマスコミは様々なイベント

    を取り組み(特にNHK)成功への空気を盛り上げています。しかし庶民のくらしの中では盛り上がるどころか

    大きな声にはならないまでもけっこう「何かおかしい」って思っている人が多いのではないでしょうか。

    「こんな真夏にやって病人続出じゃない?」

    「オリンピックやるお金があるなら福祉に回してよ!」

    「復興って言葉がついているけれどオリンピックをやると福島が元通りの暮らしにもどるとでも言うの?」「まだ苦しい生活をしている避難者が大勢いるのに!」

    「福島だけでなく東京もずいぶん放射能汚染しているって聞くけど実際どうなの?」

    「アスリートの人たちは原発事故汚染のこと知っているの?」

    「短期間であれば、まあ仕方ないかもって⋯」

    「原発事故緊急事態宣言は発令されたままでしょ?」

    「被ばくの危険を隠してスポーツの祭典をやるって犯罪的ではないの?」

    政府やマスコミの「復興」という枕詞をつけた大宣伝の中では「反対」や「おかしい」という言葉はかき消

    されやすいものです。

    しかし、「反対」や「おかしい」と思っている人は実際はとても多いと思います。

    世界からも声が上がっています。ドイツの医師団は日本政府に対し東京オリンピック開催は全世界最高のアスリートと全世界からの観客・訪問者被ばくリスクに侵される事についての警告をしています。

    まず真実を知りましょう。

    今回、この憂慮を共有する多くの市民・避難者・科学者・医師らの寄稿により作られた本が出版されました。

    「東京オリンピックがもたらすこれだけの危険」(緑風出版)です。(8月中旬出版予定)

    講師をしてくださる渡辺悦司さんはこの本の編集者です。

    なぜ緊急に出版しなければならなかったのか熱い想いをお話してくださいます。そして、わたし達には何ができるかも考えていきましょう。

    | ●お話会・イベント情報 | 15:54 | - | - |
    ≪事務局より≫8月31日_近畿訴訟団交流会のご案内
    0

      ≪事務局から連絡です≫
      …………第8回近畿訴訟団交流会のご案内 …………

      第8回近畿訴訟団交流会の開催のご案内です

      前回は、ひょご訴訟がホスト役となり、西日本の訴訟団の原告にも声をかけ集まりました。

      今回は、関西訴訟団がホスト役です。

      前回は西日本訴訟団にお声かけ集まっていただきましたが、今回は全国の訴訟団にも呼びかけます。

      第8回近畿訴訟団交流会、ぜひ、ご参加をお願いします。

      原告の皆さんは各担当弁護士の先生方もしくは、サポーター事務局の受付に出欠の有無を回答ください。

      サポーターの皆様は、3つの訴訟のサポーターでいられる方も多くいらっしゃいます。

      申し込みは1か所の訴訟団で重複申し込みのないようお願いします。

      各訴訟団につきましては、8月10日までに参加者をとりまとめることになっています。

      ご不明な点や質問、参加申し込みが分からない場合も気軽にKANSAIサポーターズにご連絡ください。

      ■日時■

      2018年8月31日(土)13時〜16時半
      ■場所■

      ドーンセンター1階パフォーマンススペース
      大阪市中央区大手前1丁目3番49号

      https://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html

      ■スケジュール■

      12:00 受付開始
      13:00 開会&名古屋地裁判決の分析

      13:30 全国連拡大役員会議

      15:00  交流、じゃんけん大会(軽食と飲み物を準備します)

      16:30 閉会
      17:00完全撤収

      ■費用■

      原告・避難者  無料
      サポーター  2000円
      弁護団    3000円

      ■申込み・問い合わせ先■
      締切 8 月10日

      参加申し込みされる方は、参加者される方の氏名を伝えて、お申込みください。

      kansaisapo★gmail.com (★を@に変えてください)

      電話 070-5658-9566

      ■主催■

      関西訴訟原告団、関西訴訟弁護団、KANNSAIサポーターズ

      | - | 09:57 | - | - |
      原告のお1人が本を出版されました!
      0
        昨日、KANSAIサポーターズのメーリングに
        原告のKさんが団体まわりの報告とご自身の思いを綴った本の出版について投稿してくれました。
        そのまま下記に紹介します。
        ↓↓
        関西訴訟原告のKです。
        ご報告とお知らせです。
        ■ご報告
        31度の大阪市。
        本日は、原発賠償関西訴訟、裁判期日傍聴依頼のための団体周りを実施。
        原告、弁護士、サポーターが1組となり、2組で各団体を訪問。
        弁護士さんからは、中島弁護士、白倉弁護士、サポーターさんからは、Yさん、Hさんが足を運んでくださり、また、原告からは、私と森松さん、それと、原告さん母子が参加。
        私は中島弁護士、サポーターのYさん、Hさんとともに、大阪グリーン会館と国労会館を担当。
        選挙が近いこともあってか、不在の団体も少なくない中、十数団体を訪問!!
        それぞれの団体が心良く迎えてくれた中、一番話が弾んだのは、日本コリア協会大阪。
        政治的には色々あっても、市民同士が繋がることが大事だと。
        ほんまに、そう思います!!
        ご参加いただいたみなさま、暑い中、ありがとうございました。
        ■お知らせ
        構想から2年。
        原発事故被災体験を風化させたくないという思いから、「記録を残すこと」にし、ようやく出版の日を迎えました!!
        日本語、英語、韓国語、モノクロの画像による一原発事故被災者の記録。
        時間の経過とともに現れる様々な事象と湧き出す疑問...。
        <目次>
        1.ハジマリ
        2.ゲンパツジコ
        3.オソレ
        4.エイキョウ 
        5.コンラン
        6.ショウジョウ
        7.コウセンリョウ
        8.ジョウホウシュウシュウ
        9.マナビ
        10.カンジュセイ
        11.ヨボウゲンソク
        12.アメリカノタイオウ
        13.カイギ
        14.ギネン
        15.トイ
        16.キヅキ
        17.ネガイ
        18.トモニ
        アマゾンで購入できる上、「なか見検索」で、内容を少しだけ見ることもできます!!
        感想をいただけたら嬉しいです。
        | ●お話会・イベント情報 | 08:09 | - | - |
        「食はいのちの源!測って安心! おいしくいただきましょう」_2019年7月21日
        0

          KANSAIサポーターズのメーリングに流れた

          学習会を案内します。

          ↓↓

          ****************

          「食はいのちの源!測って安心!

          おいしくいただきましょう」

          **************** 

          数日前、TOKIOが出演するキャンペーン「食べて福島を応援しよう!」の新バージョンをNHKニュースで観ました。

          桃もトマトもキューリもピチピチ元気、美味しさ弾ける、笑顔いっぱいのキャンペーン。結構な時間をとっての内容でした。

          一方、6月の高槻市民放射能測定所のブログに「JR大阪駅の売店で買ったスイートポテトの測定結果は0.9ベクレル/kg」でした。

          主原料のさつまいもは茨城産。たまたま当たったのかどうかはわかりません。気にする人もいれば気にしない人もいます。

          残念ながら放射能は五感では感じられません。

          しかし測ることで見えてくるものがあります。

          誰もが安全で安心な食べ物を美味しくいただきたいものです。

          測定所の役割の大きさを感じるこの頃です。

          今回は測定所の代表である時枝さんに、どのように測定しているのか、開設からの6年を振り返っての思いなど日頃の悩みや希望を話してもらいます。みなさんご参加ください。

          ■日時■

          7月21日(日)10時〜12時

          ■場所■

          茨木福祉文化会館201号室

          茨木市駅前四丁目7番55号

          JR茨木駅から東へ徒歩8分、阪急茨木市駅から西へ徒歩9分

          ■参加費■

          300円

          ■講師■       

          時枝功さん(高槻市民放射能測定所代表)

          ■主催■

          放射能から子どもを守る会・茨木

          | ●お話会・イベント情報 | 16:07 | - | - |
          原発賠償愛知・岐阜訴訟いよいよ判決!8月2日
          0

            原発賠償請求訴訟 愛知・岐阜訴訟いよいよ判決!

            8月2日です!

            KANSAIサポーターズのメーリングにも

            原告団代表の森松明希子さんが流してくれました。

            どうぞ、多くの方に注目してもらえるよう、

            お友達などにも拡散してください。

            ↓↓

            ★原発事故損害賠償請求訴訟愛知岐阜★

            長きにわたり共に歩んでくださった皆様

            どうか傍聴席にて一緒に判決を聴いてください。

            原発事故の責任はどこにあるのか?

            ■日時■
            2019年8月2日(金)
            ■場所■
            名古屋地裁
            ■スケジュール■

            12:30 名古屋地裁西玄関付近集合

            12:30 集合名古屋地裁西玄関

            14:00 開廷名古屋地裁

            14:40 報告集会KKRホテル

            ■チラシ元■
            原発事故避難者の会・愛知

            genpatsu-hinansya-aichi@outlook.jp

            Facebook https:// www.facebook. com/hinan.aichi/

            | ●裁判の日程 | 16:53 | - | - |
            2019年7月14日_7月集会
            0
              本日7月14日は姫路で開催される
              子ども脱被ばく裁判を支える会西日本の総会でも関西訴訟の原告が動きますが、原告団代表森松さんからも、こちらの案内がありますので、行ける方は是非!
              ↓↓
              お支えくださる全国の皆さま・ご一緒に歩んでくださる皆さまへ
              原発賠償関西訴訟原告の森松明希子です(福島→大阪・母子避難中)。
              今年も司法修習生(司法試験に受かった方々!法曹になられる方々で、
              日本の司法を担う方々です☆)が企画される7月集会の分科会で
              「原発問題」が取り上げられ、私も僭越ながら登壇の機会をいただきました。
              どなたでも参加可能です!
              (参加費・無料)
              ■2019年7月14日(日)7月集会・原発問題分科会のご案内
              @京都教育文化センター
              http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2214.html
              ※できるだけ多くの皆さまと共有して頂きたいテーマですので、
              広くお知らせをお願いできましたらと思います。
              【7月集会・原発問題分科会のご案内】
              日時:7月14日(日)14時35分〜16時25分
              場所:京都教育文化センター
               (〒606−8397 京都市左京区聖護院川原町4−13)
              参加費:無料
              参加資格:どなたでもご参加可能です☆
              登壇者: 
              吉村良一先生(福島原発事故賠償問題研究会代表、立命館大学教授)
              米倉勉先生(福島原発被害弁護団(浜通り弁護団)幹事長)
              森松明希子(原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表)
              講演内容:
              (徳卆萓犬旅岷蘰睛
              ・訴訟の概要と法律構成
              ・訴訟の現状と到達
              ・訴訟の戦略
              ・原告さんのお話で印象的な点
              吉村先生の講演内容
              ・ふるさと喪失慰謝料の法的意義
              ・ふるさと喪失慰謝料に関する学会の反応
              ・原発訴訟における包括請求論の意義
              森松明希子の講演内容
              ・避難生活の苦労
              ・避難者それぞれの「ふるさと」に対する想い
              【第72期7月集会】
              ・7月14日(日)12:30から18:30 「強制連行・強制労働」「専門職の過重労働」「累犯障がい者の更生支援」 「インターネット法制」「技能実習生」「原発問題」 「沖縄基地問題」「同性婚」「難民入管」
              ・7月15日(月・祝)10:00から14:00 全体会「同性婚」
              参加申込みフォーム:https://kokucheese.com/s/event/index/563657/
              講師や内容の詳細は「7月集会」HPへ:https://7shuu.jp/
              | ●お話会・イベント情報 | 10:54 | - | - |
              7月20日(土)第56回 訴訟学習会のおしらせ
              0
                ………… 訴訟学習会のご案内…………
                KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
                昨年暮れにみんなのデータサイトから「図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集」が出版されました。今回は執筆者の一人である大沼淳一さんをお招きして、放射能測定の基礎から今の行政対応の問題点までお話していただきます。
                なお、『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集』をお持ちの方は、当日ご持参ください。
                ★★大沼淳一さん プロフィール★★
                未来につなげる・東海ネット市民放射能測定センター(通称C−ラボ)運営委員
                1944年、仙台市生まれ。名古屋大学大学院理学研究科分子生物学専攻博士課程中退。
                元愛知県環境調査センター主任研究員、高木仁三郎市民科学基金助成金顧問、内部被曝問題研究会理事、金城学院大学非常勤講師。
                「みんなのデータサイト」に参加している全国の市民放射能測定所の測定器の精度を検証する「基準玄米」プロジェクトの責任者。

                ■今回のテーマ■
                「放射能測定から見えること 〜みんなのデータサイト・大沼淳一さんをお招きして〜」
                ■日時■
                2019年7月20日(土)
                13時〜14時30分
                (このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)
                ■場所■
                大阪弁護士会館 904号室
                大阪市北区西天満1−12−5
                ■参加費■
                原告の方々や避難者の方    無料
                サポーター(テキスト代として) 200円
                ■ご予約・お問合せ■
                kansaisapo@gmail.com (←☆を@に置き換えて下さい)
                上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
                お申込みください。
                当日の連絡先 → 070-5658-9566
                ■今後の予定■
                8月の訴訟学習会はお休みです。
                次回は9月21日(土)。
                | ●月イチ勉強会 | 21:21 | - | - |
                「子どもの権利」の観点から、 今なお続く福島原子力惨禍の被害について
                0

                  昨日もお伝えしましたが、

                  原告は、現状を伝え知ってもらいたいという思いで、

                  いろんなところで発信したり伝えたりしています。

                  こちらは、原告団代表 森松明希子さんの投稿です。

                  是非お読みください。

                  ↓↓

                  お支えくださる皆さま・ご一緒に歩んでくださる皆さまへ

                   

                  福島原子力災害による国内避難民(IDP)の森松明希子です。

                  長きに渡り沢山のサポートと被害に向き合い被害者に寄り添い続けてくださり心から感謝申し上げます。

                   

                  先日、アムネスティかながわ、水戸でお話しの機会をいただきました。

                   

                  原子力災害においてもっとも「被ばく」に脆弱な子どもの権利擁護の観点から、

                  日本が批准している「子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)」をベースにどのような人権侵害が今もなお継続して続いているのか、皆様とともに共有していただきました。

                   

                  水戸での講演の報告がアムネスティ日本のウェブサイトに掲載されました。

                  できるだけ多くの皆さまにお読みいただけましたらありがたいです。

                  https://www.amnesty.or.jp/hrc/2019/0617_8157.html

                  (参照)2019年6月9日(日)

                  命を守る、自由を守る、笑顔を守る 原発事故・自主避難者 森松明希子さんの講演会

                  @(主催:アムネスティ日本・水戸グループ)

                   http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2186.html

                  【皆さまへお願い】

                  今年は「子どもの権利条約」を日本が批准して25周年となります。

                  「子どもの権利」の観点から、

                  今なお続く福島原子力惨禍の被害について、

                  実体験に基づく現実に即したお話し(証言)の機会をいただけましたら

                  大変ありがたく存じます。

                  ともに、未来ある次の世代に「安心の未来」を手渡す取り組みを、

                  生命や健康が大切にされる社会に向けて一歩ずつ進んでまいりたいと願っています。

                  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)

                  代表・森松明希子(「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」裁判(原発賠償関西訴訟)原告)

                  | →原告の声 | 16:27 | - | - |
                  福島の原発事故被災者レポート_1/全4回
                  0

                    いつもお伝えしているように、原発賠償関西訴訟を応援するKANSAIサポーターズは、

                    メーリングで情報を共有しています。

                    そのメーリングには、原告も入っている方もいます。

                    これからでも入りたい方は、お名前と登録メールアドレス、そしてできれば、

                    この訴訟を応援しようとしたきっかけなどお書きいただき、事務局までお知らせください

                    事務局のアドレスは、下記です。

                    kansaisapo@gmail.com

                     

                    つい数日前に、原告の方が投稿してくれました。

                    現状を伝え知ってもらいたいという思いで、いろんなところで発信したり伝えたりしています。

                    こちらも是非お読みください。

                    ↓↓

                     

                    関西訴訟原告です。(福島⇒京都)

                    Women's Action NetworkさんのWEBサイトにて「福島の原発事故被災者レポート」の連載をさせていただくことになりました。
                    (全4回)

                    第1回「原発事故と情報収集」がアップされましたのでご案内させていただきます。
                    https://wan.or.jp/article/show/8412?fbclid=IwAR1duMVMEMjfEcNiXc94gWw0G_EJ98yAv_iIZTT5_fi4J-E_fevVCp60blI

                    また、福島の原発事故一被災者の記録として、本の出版を考えておりましたが、アメリカ在住の難民のお子さんの研究をされている方とともに打ち合わせを重ね、ようやく来月には出版できる目処がつきました。

                    原発事故当時のことから未来を見据え、日本語、英語、韓国語の三ヶ国語に加え、モノクロの画像を加えた詩集のような構成となっております。

                    詳細が出ましたら再度ご案内させていただきます。
                    取り急ぎお知らせまで。

                    | →原告の声 | 13:25 | - | - |
                    2019年6月29日_放射能汚染〜海外へ避難〜 そして関西へ再避難を経験して〜
                    0

                      原発事故で避難した方々は、福島県からだけではないです。

                      関東からも避難してきた方々は、沢山います。

                      そんな関東からの避難者のお話会が予定されています。

                      KANSAIサポーターズのメーリングに流れた案内を紹介します。

                      ↓↓

                      ***********

                      放射能汚染〜海外へ避難〜

                      そして関西へ再避難を経験して〜

                      佐藤美香さんお話会

                      ***********

                      ■日時■

                      2019年6月29日(土)13:30〜

                      ■場所■

                      高槻市生涯学習センター3階和室

                      ■呼びかけ文■

                      母子避難のこと知ってください。

                      毎日が一番大切な時。

                      終わりのない辛さがあります。

                      様々な壁と共にあるストロングママの彼女は走り続けています。

                      大きな光となるために。

                      是非、お話お聞きください。

                      ■主催・問い合わせ■

                      つながろうフクシマつながろう避難者の会

                      山下(090-4300-2958)

                      山本(080-9603-1032)

                      ■佐藤美香さん■

                      原発事故が起きた時は、群馬にいましたが、体調不良・起き上がれない娘の症状から娘を守るため、ハワイ・マウイへ避難されました。。

                      一度群馬に戻りますが、症状が悪化。

                      その時、土壌は、1500bq/kgあり、再度、ハワイへ語学留学の形をとり3年避難します。

                      現在は、芦屋へ住んでいます。

                      ハワイ留学避難で価値観が変わったそうです。

                      現在は、芦屋へ再々避難しました。

                      母子避難サポートAinaを立ち上げ、声を拾い伝え、サポートに繋げられるよう活動されています。

                      | ●お話会・イベント情報 | 11:14 | - | - |
                      予定
                      《原発賠償関西訴訟裁判の予定》

                      《第23回裁判》
                      日時:2019年8月22日(木)14:00〜
                      場所:大阪地裁本館202号法廷
                      集合:午後13:00
                      抽選に外れた方は模擬裁判を予定

                      《第24回裁判》
                      2019年11月21日(木)14:00〜
                      《第25回裁判》
                      2020年2月20日(木)14:00〜
                      裁判に関する動画を公開していますのでご覧ください。

                      第2回模擬法廷

                      報告集会

                      第1回模擬法廷

                      報告集会
                      PR
                      SEARCH THIS SITE.
                      MOBILE
                      qrcode
                      OTHERS