PROFILE
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

原発賠償関西訴訟 KANSAIサポーターズ

原発事故で関西に避難してきた人達による、国と東京電力に対しての損害賠償請求訴訟が始まりました。
KANSAIサポーターズは原告となった避難者の皆さんを応援しています!!
原発賠償訴訟_群馬訴訟が全国初の判決が本日です
0

     

    全国で起きている原発賠償の訴訟。

    裁判が進む中で、あきらかになった事が沢山あります。

    避難した人も、しなかった人も、帰還した人も、救済するために、起きています。

     

    明日、群馬訴訟が全国で初めての判決が出ます。

    裁判所が公正な判決してくれることを心から願います。

     群馬訴訟弁護団の通信もご覧ください。

     

    | ●裁判の日程 | 08:23 | - | - |
    3月8日22:00〜「NHKクローズアップ現代+」
    0

      明日3月8日22:00〜

      「NHKクローズアップ現代+」

      「震災6年 埋もれていた子どもたちの声〜”原発避難者いじめ”の実態」

      http://www.nhk.or.jp/gendai/

       

      12月の期日に関西訴訟の傍聴と取材に来られていたNHKの東京のディレクターから、3月8日に放送できるかもしれないという情報をいただいていて、直前まで流動的でわからないと聞いていたのですが、本日のNHKの番組欄をみると、明日(3月8日22:00)の「クローズアップ現代+」にて、「震災6年 埋もれていた子どもたちの声〜”原発避難者いじめ”の実態」が放映されるようです。要チェックです!

      | ●メディア報道 | 18:49 | - | - |
      第3弾の映画「日本と再生 光と風のギガワット作戦」
      0

        先ほど、KANSAIサポーターズのメーリングで、案内がありましたのでご紹介します。

        是非足をお運びください。

        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

        さて、弁護団からの案内ではなく、大阪弁護士会の企画のご案内です。

        「日本と原発」「日本と原発〜4年後」の映画を製作された河合弘之弁護士が、再生エネルギーをテーマとした第3弾の映画「日本と再生 光と風のギガワット作戦」を製作されました。

        全国に先駆けて、大阪弁護士会にて、上映会が行われます。

         

        映画上映は100分の予定ですが、映画上映会終了後、NPO地球環境市民会議(CASA)の専務理事である早川光俊弁護士より、環境保全等に関する取り組みをご報告いただきます。

        また、福島第一原子力発電所事故により避難されている方から現在の避難生活の実情についてご報告いただきます。

         

        日時:3月11日(土)13:00〜16:30

        場所:大阪弁護士会館 2階ホール

        内容:映画上映会、早川弁護士の報告、福島第一原発事故避難者Tさんの報告

        参加費:100円

        申し込みは、以下のフォームからお願いします。

        http://www.osakaben.or.jp/event/2017/2017_0311-2.php

         

        | ●お話会・イベント情報 | 17:03 | - | - |
        《事務局より》_第13回期日2017年3月2日裁判応援へのお礼と報告
        0

          《事務局より》

          第13回期日2017年3月2日裁判にお越しいただいた皆さま、来れないけど心で応援してくださった皆さま、ありがとうございます。

           

          今回の傍聴券の抽選には、134名の方々が並んでくださいました。

          中島先生が裁判前に当日の予定について案内してくれていますが、準備書面は下記が提出となりました。

          仝狭陲蕕糧鐃害権利について(準備書面39

          被告東京電力のSAに関する主張に対する反論(準備書面40

          H鏐霤豕電力共通準備書面(7)「第1」及び「第2」に対する反論(準備書面41)

           

          そのうち準備書面39と40についてパワーポイント使ってのプレゼンが行われました。

           

          準備書面39…原告らが受けた被害の総論に関する書面

          原告らが受けた被害…被ばくや、避難と避難生活に対する精神的苦痛など

          包括的生活利益としての平穏生活権の侵害…地域での生活や故郷を奪われた事、生活の破壊など

          人格発達権の侵害…ふるさとで生活するという選択を奪われた事や未来を自由に選択する権利を奪われた事など

          これらを説明

           

          準備書面40…原告らの主張するシビアアクシデント(SA)予見対象事実が予見の対象として適切なことを主張

          1992年原子力安全委員会は、様々なSA対策について具体的に整理していて、重点的に必要な4事例として全電源・崩壊熱除去系喪失(核反応によって生じた熱を生みに逃す事ができなくなる事態)を列挙している。

          SA対策として電源対策・最終ヒートシンク(崩壊熱除去系喪失の場合にも熱を逃すための対策)が重点であることは既に認識していたことや他にも事例をあげ、SA対策の必要性を認識していながら対策を怠ったと主張されていました。

           

          報告集会でのカンパは、58,162円でした。

          毎回お伝えしていますが、集まったカンパのお金は、チラシの印刷代やチラシの発送費などが主で、いつか、原告が東京に行く機会も増え始める時期に使えるようにと貯めています。

          皆様、ありがとうございました。

           

          次回は2017年6月1日(木)午後14時〜です。

          また、来週には京都訴訟、ひょうご訴訟と期日があります。

          3訴訟とも応援よろしくお願いします。

          ……ひょうご訴訟・京都訴訟・関西訴訟の裁判予定………
          京都訴訟…3
          月  8日(水)10:15開廷(9:35〜9:50抽選券配布)京都地裁にて
          兵庫訴訟…3月  9日 (木) 14時開廷(13:30集合) 神戸地裁にて
          関西訴訟…6月  1日 (木) 14時開廷(13:00集合) 大阪地裁にて

           

          | →裁判のレポート | 10:50 | - | - |
          原発賠償京都訴訟_2017年2月17日
          0

            明日は、京都訴訟です!

            応援お願いします!

            京都訴訟の田辺弁護士からの呼びかけ文を下記で紹介します!

            関西訴訟弁護団が中心になって質問する場面があります!

            是非応援お願いします!

            ↓↓

            ******** 京都訴訟 田辺弁護士より *********

            皆さま、いつもご支援をいただき、ありがとうございます。

             今週金曜日は、専門家証人4名に対する反対尋問です。

            ポイントは、いくつもありますが、低線量被ばくの健康影響を巡って議論がなされます。

            国、東電は、低線量被ばくの健康影響は「確認されていない」という立場です。

            そして、放影研の行っている広島・長崎被ばく者の寿命調査(LSS14)の結果も「モデル」がしきい値なしというだけで、実際の「データ」には、低線量における統計的有意差はないと主張しています。

            原告側に立つ証人は崎山先生(高木学校)です。

            データに基づいてモデルが選択されていること、LSS14以外にも、直接低線量被ばくの健康影響をデータで示した論文が数多くあること等を証言されました。

            今回は、こうした専門家証人に反対尋問がなされます。つまり、国側証人には原告側弁護士から質問を行い、崎山先生には国・東電の弁護士が質問をします。

            国側証人に対しては、関西弁護団(大阪の先生方)が中心になって質問をします。

            どうぞ多数、傍聴していただき、見届けて頂きたいと思います。

            よろしくお願いいたします。

            ****************************************

            ■原発賠償京都訴訟■
            日時: 2017年2月17日(金)10:15開廷(9:35集合)

            場所: 京都地方裁判所

             

            | ●裁判の日程 | 18:37 | - | - |
            2月18日(土)訴訟学習会のおしらせ
            0

              《事務局より》2月18日(土)訴訟学習会のおしらせ


              ………… 訴訟学習会のご案内…………

              KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。

              2月18日(土)の訴訟学習会は

               

              「陳述書と原告本人尋問について」


              全国の原発賠償裁判では、群馬・千葉に続き、福島の生業訴訟ももうすぐ結審を迎えます。
              関西では、京都が本人尋問・証人調べの真っ最中で、兵庫・関西もそれに続きます。

               

              そこで、関西訴訟でもこれから提出することになる陳述書と原告本人尋問について、
              それぞれ訴訟の中でどんな役割なのか、実際にどのように行われているのかなど、
              弁護団の中島宏治先生から説明してもらいます。

               

              ■日時■
              2017年2月18日(土)
               13時〜14時

               

              ■場所■
              大阪弁護士会館 904号室
               大阪市北区西天満1−12−5

               

              ■参加費■
              原告の方々や避難者の方 無料
              サポーター(テキスト代として) 200円

               

              ■ご予約・お問合せ■
               kansaisapo☆gmail.com (←☆を@に置き換えて下さい)
              上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
              お申込みください。

               

              ■今回の内容■
              「陳述書と原告本人尋問について」
               講師:中島宏治 弁護士

               

              ■今後の予定■
              原発賠償集団訴訟では全国で初の判決が、群馬 前橋地裁で3月17日に言い渡されます。
              3月の訴訟学習会では群馬判決を取り上げるため、例月より1週間遅らせて
              3月25日に学習会をします。
              直前にまたお知らせしますが、お間違えないようご予定ください。

               

              | ●月イチ勉強会 | 18:19 | - | - |
              原発賠償関西訴訟 第13回期日は、3月2日です
              0

                来月の裁判に向けて、事務局メンバーがfacebookでイベントページ作ってくれています。

                拡散してくださぁい♪

                ↓↓

                https://www.facebook.com/events/1348941221851746/

                 

                下記にも案内を書きますが、いつものように、淀屋橋駅付近でチラシを撒いたり、声を伝えたりと街頭行動します。

                是非、そちらもご参加ください。

                 

                ■原発賠償関西訴訟 第13回期日■
                日時: 3月2日(木)午後14時開廷

                場所: 大阪地方裁判所
                集合: 午後13時(13時半迄並んだ方に抽選券が配布されます)
                     大阪地方裁判所1階正面(南側)入口前に集まってください。
                     (大阪市北区西天満2-1-10)
                抽選に外れた方は模擬裁判を予定しているので移動していただきます。

                応援よろしくお願いします。

                | ●裁判の日程 | 17:42 | - | - |
                バザールカフェ
                0

                  原発事故が起きてから6年経とうとしています。

                  各地で、原発事故から避難のお話などの場を作ってくれています。

                  「バザールカフェ」では、参加者も一緒に話ができるようです。

                  KANSAIサポーターズのメーリングで案内がありましたのでご紹介します。

                  ↓↓

                  ************************

                  バザールカフェ

                  ************************

                  ■日時■

                  2017年3月11日(土)14:15より

                  ■場所■

                  バザールカフェ http://www.bazaarcafe.org/

                  京都市上京区岡松町258

                  ※地下鉄烏丸線今出川駅4番出口から5分

                  Tel/fax : 075-411-2379

                  ■参加費■

                  ワンドリンク制(500円)

                  ■持参物■

                  あなたのオススメの一冊

                  ■問合せ■

                  Talking about 3.11 事務局

                  E-mail:kodomohisaisya@yahoo.co.jp

                  ■Facebook■

                  https://www.facebook.com/events/1455389677828800/

                  ■定員■

                  50名

                  ■タイムスケジュール■

                  14:15より  受付開始

                  14:46より  黙祷with アロマキャンドル

                  15:00-16:00 原発事故から避難のお話(福島からの自主避難者)

                  16:00-17:00 参加者自己紹介&オススメ本の紹介

                  17:00-18:00 参加者同士のフリートーク

                  18:00-20:00 お食事をしながら交流会

                  (別途2000円/事前要予約)tel/fax: 075-411-2379

                  ■バザールカフェについて■

                  日本基督教団京都教区とアーティスト、市民運動家、大学教員、宣教師、牧師などで構成されたバザールカフェプロジェクトとの共同プロジェクトとして始まり、マイノリティの集いの場として、就労の場として、そして、市民の情報交換、ネットワークづくりの場として作られました。

                  | ●お話会・イベント情報 | 13:53 | - | - |
                  あの日から6年 小さくされた人に寄り添う_「福島原発事故によって大阪に避難する人の声」
                  0

                    カトリック堺教会の方々が話す場を作ってくださいました。

                    原告団代表の森松明希子さんが話されます。

                    ↓↓

                    ************************

                    あの日から6年 小さくされた人に寄り添う

                    「福島原発事故によって大阪に避難する人の声」

                    ************************

                    ■日時■

                    2017年2月26日(日) 

                    ■場所■

                    カトリック堺教会 聖堂

                    JR・南海高野線 三国ヶ丘駅下車200m

                    ■申込み・参加費■

                    不要

                    ■内容■

                    ミサ後 12:15〜14:30

                    ⑴ DVD 「日本と原発4年後」 上映

                    休憩 15分

                    14:45〜

                    ⑵ 被災者  「森松明希子」さんのお話

                    ■主催■

                    カトリック堺教会社会活動委員会

                    090—1900—9309 

                    | ●お話会・イベント情報 | 17:00 | - | - |
                    避難者と共に、原発事故を考える集い_避難者こども健康相談会おおさか-活動5周年
                    0

                      KANSAIサポーターズのメーリングに案内がありましたのでご案内します。

                      ************************

                      福島原発事故6年 避難者こども健康相談会おおさか-活動5周年

                      避難者と共に、原発事故を考える集い

                      ************************

                      ■日時■

                      2月19日(日)13:30〜16:30

                      ■場所■

                      阿倍野市民学習センター(あべのベルタ 3F)

                      http://osakademanabu.com/abeno/access

                      ■参加費■

                      参加費 800円 避難者・学生 500円

                      ■内容■

                      第一部:健康相談会活動5年をふり返って

                      1)健康相談会活動が果たす役割、期待されるもの

                      2)福島からの避難者の訴え

                       

                      第二部:記念講演

                      「ベトナムの原発計画−その問題点と白紙撤回の理由を探る−」

                      吉井 美知子 氏(沖縄大学教授)

                       

                      ■講師紹介と呼びかけ文■

                      1988年よりベトナムに長期滞在、ストリ−トチルドレンン問題に取り組む施設を運営、

                      “「路上の子」に温かな家を”とロ−カルNGO活動に取り組んでこられる。

                      日本でのベトナムNGOに関する研究と実践の第一人者。

                      2008年から三重大学教授、2014年より沖縄大学教授。

                      日本に戻って2年半で、311に遭遇され、日本がベトナムに原発を輸出すると聞いて仰天。

                      「これはあかんわ。止めよう」と決意される。

                      2011311日の東日本大震災と福島第1原発事故から約6年が経過します。

                      福島原発事故は、いまだに莫大な放射性汚染物質をまき散らしており、終息への見通しも全く立っていません。

                      そして、残念ながら明白な甲状腺がん異常多発と周産期死亡の増加など健康障害が認められています。

                      福島原発事故後、子どもたちを放射線被ばくから守るため関西地方に避難して来られた家族を対象に、

                      「避難者こども健康相談会おおさか」を開始し、避難者家族の声に耳を傾け、悩みや健康不安を受け止め、

                      必要な家族へ医療機関紹介や避難生活に伴う相談の機会を設けてきました。

                      数多くのボランテイアスタッフによって支えられ開催5年の節目に際し、果たしてきた役割と今後に期待されることを整理し、多くの方々に相談会活動を知っていただく機会として“集い”を企画いたしました。

                      政府は、避難指示解除や賠償の打ち切りを進めています。原発事故の区域外避難者への住宅無償提供が本年3月で打ち切られようとしています。

                      いのちと避難生活をまもり、事故原因の究明と、賠償、「避難の権利」を認めさせるために、避難者は取り組みを進められています。

                      避難者の方から訴えをお聞きします。

                       

                      さらに第二部として記念講演会を設けています。

                      昨年1122日、ベトナムの国会が原発建設計画の中止を正式に議決しました。

                      日本の同国への原発輸出の破談が決まった瞬間でもありました。

                      この計画ではベトナム南部、ニントゥアン省にロシアと日本が輸出するベトナム初の原発2ヶ所ができるはずでした。

                      このベトナムの原発建設計画は、2010年に日本が受注し、積極的に推進してきたものでした。

                      2011年の3.11を機に開始し、2012年のベトナムでの原発反対の署名運動を経て、苦節5年の反対運動の末に勝ち取られた成果です。

                      この運動のなかで重要な役割を果たされた日本人の方々がいらっしゃいます。

                      今回講演をしていただきます吉井美知子先生もそのひとりです。

                      吉井先生は、ベトナム人が集まる国内外の様々なセミナ−や講演会などの機会で、「日本からの教訓」と称して、

                      福島での子どもたちが被ばくを強いられている状況について、事例をあげて報告をされてきました。

                      政府や地元自治体からは必要な情報がほとんど提供されなかったこと、被ばく者の保養の実施や市民による線量測定、多く被災者が避難生活を強いられ困難に遭遇していること、自主避難者への支援を市民社会が担っている現状等多くを話されています。

                      ベトナム有力紙へのベトナム語での投稿「フクシマ事故後のわたしたちの生活」では、自らの日本で安全な食材探しに苦労しながら子育てをした経験談など、・・。

                      それは、福島第一原発事故の被害の惨状であり、故郷を奪われた被災者たちの叫びでした。

                       

                      この様に、原発事故の被害や故郷を奪われた避難者たちの声がベトナムにも届き、原発計画白紙撤回の大きな力になったと言えます。

                      ベトナムでの日本の同国への原発輸出の破断や台湾での脱原発の流れは、国内で原発再稼働を進め、

                      海外ではインドやトルコなどへの原発輸出を推進する政府に対する一つの大きな壁になりえるのではないでしょうか?

                      是非ご参加ください。

                       

                      | ●お話会・イベント情報 | 07:58 | - | - |
                      予定
                      《原発賠償関西訴訟裁判の予定》

                      《第14回裁判》
                      日時:2017年6月1日(木)14:00〜
                      場所:大阪地裁本館202号法廷
                      集合:午後13:00
                      (13:30が傍聴券配布締切です)
                      抽選に外れた方は大阪弁護士会館1001・1002にて模擬裁判を予定
                      《第15回裁判》
                      2017年8月31日14時〜
                      裁判に関する動画を公開していますのでご覧ください。

                      第2回模擬法廷

                      報告集会

                      第1回模擬法廷

                      報告集会
                      PR
                      SEARCH THIS SITE.
                      MOBILE
                      qrcode
                      OTHERS