PROFILE
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

原発賠償関西訴訟 KANSAIサポーターズ

原発事故で関西に避難してきた人達による、国と東京電力に対しての損害賠償請求訴訟が始まりました。
KANSAIサポーターズは原告となった避難者の皆さんを応援しています!!
<< 本の頒布 ご案内 | main | 原発賠償関西原告団・弁護団声明 >>
KANSAIサポーターズ 事務局ご案内
0

    原発賠償関西訴訟の応援団 
    KANSAIサポーターズ


    お問合せ  070−5653−2493 (担当:山下じじ)
            kafetama2012@gmail.com

    住所     〒537-0025 大阪市東成区中道4丁目14−3 たまつくりkafe
            KANSAIサポーターズ事務局

    アクセス   JR玉造駅からの地図:http://yahoo.jp/sLJrl7

       

    2014年8月より下記に変更となりました。

    お問合せ    070−5658−9566
             kansaisapo@gmail.com

    住所    〒530-0047 大阪市北区西天満2-8-1大江ビル405号室
            KANSAIサポーターズ事務局

    公式HP   http://kansapo.jugem.jp/

    facebook  https://www.facebook.com/kansaisupporters

    br>にほんブログ村 環境ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
    にほんブログ村
    | ●お問合せ | 13:15 | comments(1) | - |
    「自主避難者の終わらないディストピア」

    と言うブログから抜粋でほとんどの福島県民が考えていることです。本当は全文を読んで欲しいのですが…。


    沖縄県は最多の避難者678名を受け入れていますが、地元の給食センターで福島県産農産物を使うななどと陳情し、摩擦を起こしています。

    「事故後しばらく、『沖縄に避難したいが、福島産米を使っているようだ。大丈夫なのか』といった電話が相次いだ。多くは福島県以外の人だった」。沖縄は本県産米の全国有数の消費地で、給食も原発事故以前は2割が本県産米だった。2012(平成24)年度以降は使っていない」(福島民友新聞14年1月4日)

    また、那覇市で青森からの雪のプレゼントの行事を企画した「『はぐくみ児童クラブ』で三線(さんしん)を指導する当間栄助(57)は、「ウチナーンチュ(沖縄の人)は避難者に同情的だが、避難者が放射能への不安を強調すればするほど『避難者こそ放射能を運んできたのでは』との反感が生じる。避難者は自ら、沖縄で暮らしにくくしている』と残念そうな表情をみせる」(同)

    このような自主避難者の奇矯な行動が地元の顰蹙を買って、いっそう受け入れ地域と摩擦を起こしていき、住みずらくなっていき、ストレスが溜まるという悪循環に陥っています。

    早く脳内地獄から覚醒して、つまらない馬鹿騒ぎは止めてほしいものです。

    ひっそりと新たな地域に馴染んで暮らしている多くの自主避難者にとっても、このような賠償訴訟は迷惑なはずです。

    事故直後は誰しもパニックになったものです。しかし3年もたって、これだけ福島事故の情報が出ているのに、いまだ放射能パニックが治癒しないとなると、もはや単なる愚行にすぎません。

    あ、そうそう、自主避難賠償訴訟団の皆さん、賠償支払いは家ができるほどしこたま稼いだ武田邦彦氏か、福島事故のA級戦犯・管直人元首相に請求してくださいね。

    最後に、石垣島へ逃げた自主避難者歌人の一句。
    「子を連れて 西へ西へと 逃げてゆく 愚かな母と 言うならば言え」(俵万智)

    はい、当たり。そのとおり。



    ※参考資料 福島民友新聞 原発災害「復興」の影
    http://www.minyu-net.com/osusume/daisinsai/serial/fukkou-kage/



    不安を感じて自主避難した事自体は別にいいですよ。3年前にそういう行動を取ったことは責められない。でも、正しい情報を発信する学者を叩き、3年経った今も間違った知識や情報を元にデマや風評被害を撒き散らかして、挙句「補償金よこせ」ですか。

    ナメるな、と言いたい。
    ↑ここまで抜粋。


    私は転勤族です。ふるさとを離れて暮らすことに抵抗がありません。県人会もあり、入会すると気が合う人に出会えて、楽しい事もいっぱいあります。住めば都じゃないですか?

    楽しんで暮らせてない様子が新聞、雑誌、テレビで拝見して残念でこの様なメールを送らせて頂きました。

    | 宇佐男 | 2014/09/30 2:42 PM |










    予定
    《原発賠償関西訴訟裁判の予定》


    《第27回裁判》
    2020年10月29日(木)14:00〜
    日時:2020年10月29日(木)14:00〜
    場所:大阪地裁本館202号法廷
    集合:午後13:00
    《第28回裁判》
    日時:2021年1月21日(木)14:00〜
    裁判に関する動画を公開していますのでご覧ください。

    第2回模擬法廷

    報告集会

    第1回模擬法廷

    報告集会
    PR
    SEARCH THIS SITE.
    MOBILE
    qrcode
    OTHERS