PROFILE
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

原発賠償関西訴訟 KANSAIサポーターズ

原発事故で関西に避難してきた人達による、国と東京電力に対しての損害賠償請求訴訟が始まりました。
KANSAIサポーターズは原告となった避難者の皆さんを応援しています!!
<< 1.17 市民追悼のつどい_第4回 1.17と3.11をつなぐ会 | main | 2018年1月28日_公害環境デーで、原発賠償関西訴訟弁護団と原告のお話あり! >>
「私たちの決断 あの日を境に…」京都訴訟原告団が手記を発行
0

    2018年3月15日は、京都訴訟の判決を迎えます。

    京都訴訟団は、去年、手記を出版しましたが、そのことが、京都新聞に掲載されました。

    是非、手に取ってお読みください。

    ↓↓

    原発避難者、苦境や怒り記す 京都原告団が手記出版
    http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180119000127

    ************************
     東京電力福島第1原発事故を巡る京都の原発避難者訴訟の原告団が、

    「私たちの決断 あの日を境に…」

    と題した手記を出版した。

    32人が被災時や避難生活での苦境、東電や国の施策に対する不信感や怒り、事故が引き裂いた家族
    や知人との絆、裁判にかける思いなどをつづった。

    原告たちは

    「私たちのドラマを通して原発事故がもたらした問題を訴えたい」

    と話している。

     訴訟では京都府内に避難した57世帯174人が、東電と国に計約8億4660万円の損害賠償を求めている。昨年9月末に京都地裁で結審し、判決は3月15日に言い渡される。

     原告たちは昨年6月、

    「原告の思いを形に残し、より広く社会に伝えたい」
    と手記の出版を着想。

    編集を担った原告代表の福島敦子さん(46)によると、ほぼ全世帯に対して行われた裁判の本人尋問で、記憶が呼び起こされたり、尋問で吐露しきれなかった心情をつづりたいという思いを強くした原告が多かった。

     32人が手記やアンケート形式で思いを寄せたほか、弁護団長や事務局長、支援者のメッセージも紹介。

     福島さんは事故当時の状況や、南相馬市から家族で避難した経緯、自主避難者の「避難する権利」を求めている訴訟のことなどを記した。

    意見陳述や本人尋問で地裁や民意に訴えてきたとし、「理不尽な仕打ちの数々にまるで蓮(はす)の花のように凜(りん)としてひるむことなく、大きな岩を動かすように楔(くさび)を打ち続けています」としたためた。

     福島市から子どもと京都市に避難した女性は、放射能汚染への怒りと地元の川をしのんで「事故前のきれいな自然には二度と戻らないのです」と訴える。
    現在は他県に移住した女性は避難先の支援者に感謝しつつ、避難者として声を上げにくい生活への不満や苦しさを書きつづった。

     福島さんは「事故はまだ終わっていない。手記は私たちそれぞれの純粋な決
    断が記されている。原発事故に向かい合う手引きや動きだす一歩にしてほしい」
    と話している。

     A5判128ページ。千円。メールアドレスshien_kyoto@ya
    hoo.co.jpか、ファクス075(622)9870で申し込む。
    【 2018年01月19日 17時42分 】

     

    | ●お話会・イベント情報 | 16:53 | - | - |
    予定
    《原発賠償関西訴訟裁判の予定》

    《第20回裁判》
    日時:2018年11月1日(木)14:00〜
    場所:大阪地裁本館202号法廷
    集合:午後13:00
    (13:15が傍聴券配布締切)
    抽選に外れた方は模擬裁判を予定
    《第21回裁判》
    2019年2月21日(木)14:00〜
    《第22回裁判》
    2019年5月16日(木)14:00〜
    裁判に関する動画を公開していますのでご覧ください。

    第2回模擬法廷

    報告集会

    第1回模擬法廷

    報告集会
    PR
    SEARCH THIS SITE.
    MOBILE
    qrcode
    OTHERS