PROFILE
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

原発賠償関西訴訟 KANSAIサポーターズ

原発事故で関西に避難してきた人達による、国と東京電力に対しての損害賠償請求訴訟が始まりました。
KANSAIサポーターズは原告となった避難者の皆さんを応援しています!!
<< 《事務局より》12月16日(土)訴訟学習会のおしらせ | main | 第22回原発賠償ひょうご訴訟_2018年1月29日 >>
訴訟学習会でも取り上げたノーモア・ミナマタ近畿訴訟_12月15日弁論です
0

    本日の案内になりましたが、

    今日12月15日は、ノーモア・ミナマタ近畿訴訟の弁論期日です。

    KANSAIサポーターズでは、提訴後、訴訟学習会を毎月開催してきました。

    その学習会を支えてくれているのが弁護団の先生方です。

    これまでの集団訴訟に関わってきた先生方も多くいて、集団訴訟とは何か?

    そのテーマで学習したことが数度ありました。

    よく似ているのは、

    最初は、因果関係も認めなかったこと

    人々の分断につながることも多々起きたこと

    救済されない人がいること

    そして、そこで水俣の事件のことも知りました。

    裁判を傍聴したり、報告集会に参加すると、いろんな事を学べ活かすことができることもあるかもしれません。

    案内だけ紹介します。

    ↓↓

    ノーモア・ミナマタ近畿訴訟の弁論期日の案内をします。

    弁論期日のご案内

    水俣病問題の最終解決を目的とした水俣病特別措置法は平成24年7月に申請を締め切り、平成26年8月に発表された判定結果では、対象地域の不当な線引きや出生年代の制限等のため、1万人近くの患者が何の救済も得られずに終わりました。また、水俣病に対する差別偏見等の事情から特措法の申請ができなかった患者も多数います。

    水俣病不知火患者会は、これらの取り残された患者を救済し、水俣病の真の最終解決を実現することを目的として、平成26年9月に大阪地裁にノーモア・ミナマタ近畿第2次訴訟を提訴しました。そして、これまでに8陣に及ぶ追加提訴を重ね、原告総数は120名を超える規模になっています。

    その裁判の第11回口頭弁論期日が下記のとおり開かれます。

                  

    ヾ日:12月15日(金)午後2時〜3時

    ∨…遏大阪地方裁判所202号大法廷

    当日は、以下の行動を予定しています。

    機仝畍紕音〜3時  供仝畍紕鎧30分〜5時

    法廷傍聴              報告集会 会場:ホテルイルグランデ梅田(→下図)

    1階会議室グレースA

    地下鉄・【南森町駅】下車番出口から左(西)へ徒歩約120m

    つきましては、上記の法廷傍聴並びに報告集会にご参加をたまわりますよう、よろしくお願い申し上げます

     

    | ●お話会・イベント情報 | 11:18 | - | - |
    予定
    《原発賠償関西訴訟裁判の予定》

    《第18回裁判》
    日時:2018年5月31日(木)14:00〜
    場所:大阪地裁本館202号法廷
    集合:午後13:00
    (13:15が傍聴券配布締切)
    抽選に外れた方は模擬裁判を予定
    《第19回裁判》
    2018年8月9日
    裁判に関する動画を公開していますのでご覧ください。

    第2回模擬法廷

    報告集会

    第1回模擬法廷

    報告集会
    PR
    SEARCH THIS SITE.
    MOBILE
    qrcode
    OTHERS