PROFILE
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
タグふれんず

原発賠償関西訴訟 KANSAIサポーターズ

原発事故で関西に避難してきた人達による、国と東京電力に対しての損害賠償請求訴訟が始まりました。
KANSAIサポーターズは原告となった避難者の皆さんを応援しています!!
ローマ教皇の前でスピーチされた鴨下全生さんスピーチ全文
0

    親愛なるパパ様
    僕は福島県いわき市に生まれました。

    8歳のときに原発事故が起きて、被曝を逃れるために東京に避難しました。

    でも父は、母に僕らを託して、福島へ戻りました。

    父は教師で、僕らの他にも守るべき生徒たちがいたからです。

    母は、僕と3歳の弟を連れて、慣れぬ地を転々としながら避難を続けました。

    弟は布団にもぐって泣きました。

    僕は避難先でいじめにも遭い、死にたいと思う程つらい日々が続きました。

    やがて父も、心と体がボロボロになり、仕事をやめました。

    それでも避難できた僕らは、まだ幸せなのだと思います。
    国は、避難住宅の提供さえも打ち切りました。

    僕は必死に残留しているけど、多くの人がやむなく汚染した土地に戻っていきました。

    でも広く東日本に降り注いだ放射性物質は、8年経った今も放射線を放っています。

    汚染された大地や森が元通りになるには、僕の寿命の何倍もの歳月が必要です。

    だからそこで生きていく僕たちに、大人達は、汚染も被曝も、これから起きる可能性のある被害も、隠さず伝える責任があると思います。

    嘘をついたまま、認めないまま、先に死なないで欲しいのです。
    原発は国策です。そのためそれを維持したい政府によって、賠償額や避難区域の線引き が決められ、被害者の間に分断が生じました。

    傷ついた人同士が、互いに隣人を憎み合うように仕向けられてしまいました。
    僕たちの苦しみは、とても伝えきれません。
    だから教皇様、どうか共に祈ってください。

    僕たちが互いの痛みに気付き、再び隣人を愛せるように。 残酷な現実であっても、目を背けない勇気が与えられるように。 力を持つ人たちに、悔い改めの勇気が与えられる様に。

    皆でこの被害を乗り越えていけるように。

    そして、僕らの未来から被曝の脅威をなくすため、世界中の人が動き出せる様に、どうか 共に祈って下さい。

    ↑↑

    上記は、先日来日されたローマ教皇の前でスピーチされた鴨下全生さんスピーチ全文です。

    こちらのスピーチ全文を削ることなくほぼそのままご本人は当日会場でスピーチされてたとのことです。

    以上含め、原告団代表の森松明希子さんがサポーターMLに投稿されました。

    上記含め、下記も森松さんが投稿された内容です。

    ↓↓

    3.11避難者に心を寄せてともに歩んでくださるすべての皆さまへ

    いつもありがとうございます、3.11避難者(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)の森松明希子です。

    NHK BS1 の特集で、ローマ教皇(バチカン)と日本の歴史についての特集が再放送されます。

    再放送

    1月31日(金)午前0時55分〜(木曜深夜)

    2月7日(金)午後9時〜

    BS1スペシャル「知られざる絆〜日本とローマ教皇400年の交流〜」
    https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2020-01-16/11/16635/3115786/

     

     

    2019年11月に来日されたローマ教皇の前で、真摯に真実を見据えた素晴らしいスピーチをされた鴨下くんも後半ご取材を受けられています。スピーチの様子もあります(一部ですが)
    「東日本大震災被災者との集い」に同行・参列させていただいた私たち親子もチラッとですが映っています。

    改めて、この国で原子力惨禍を経験した17歳の少年のスピーチ全文を多くに人に読んで頂き、ローマ教皇の前で17歳が証言した事実とその内容を知ってほしいです。この9年間、子どもたちはどのように私たち大人が向かおうとしている社会を見てきたのか、できるだけ多くの人に共有して頂きたいと思います。

    是非、沢山の人に17歳の言葉を届けてください。

    ※鴨下全生さんは2019年3月にもバチカンでフランシスコ教皇と謁見され原発被災者の思いをお伝えされています。
    今回は半年ぶりの再会となりましたが、スピーチ終了後、歩み寄られた教皇の方から覚えておられますか?と尋ねられハグさたこともまた、福島核被災者とともにずっとあるとのメッセージがよく伝わり、とても感動しました!

    | ●メディア報道 | 16:52 | - | - |
    予定
    《原発賠償関西訴訟裁判の予定》

    《第25回裁判》
    日時:2020年2月20日(木)14:00〜
    場所:大阪地裁本館202号法廷
    集合:午後13:00
    抽選に外れた方は模擬裁判を予定

    《第26回裁判》
    2020年5月14日(木)14:00〜

    《第27回裁判》
    2020年7月30日(木)14:00〜
    裁判に関する動画を公開していますのでご覧ください。

    第2回模擬法廷

    報告集会

    第1回模擬法廷

    報告集会
    PR
    SEARCH THIS SITE.
    MOBILE
    qrcode
    OTHERS