PROFILE
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

原発賠償関西訴訟 KANSAIサポーターズ

原発事故で関西に避難してきた人達による、国と東京電力に対しての損害賠償請求訴訟が始まりました。
KANSAIサポーターズは原告となった避難者の皆さんを応援しています!!
10月13日(土)訴訟学習会のおしらせ
0
    ………… 訴訟学習会のご案内…………
    KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
    前回お知らせした通り、10月は会場の都合により1週早く13日の開催となります。
    関西訴訟原告は、佐藤暁(さとし)氏(元GE原子力技術者・現IAC原子力コンサルタント)の意見書を裁判所に提出し、また証人として申請しています。
    8月9日期日に提出した第55準備書面でも、国際的基準から見た日本の原発の安全対策の脆弱性への指摘が取り上げられています。
    被告国は「事故は予見できなかった、対策しても防げなかった」という主張を強化し、責任を回避しようと躍起になっていて、それに対してしっかりと反論していくことが肝要です。
    そこで今回は、佐藤意見書の内容を白倉弁護士に解説していだだきます。
    ■日時■
    2018年10月13日(土)
    13時〜14時30分
    (このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)
    ■場所■
    大阪弁護士会館 904号室
    大阪市北区西天満1−12−5
    ■参加費■
    原告の方々や避難者の方    無料
    サポーター(テキスト代として) 200円
    ■ご予約・お問合せ■
    kansaisapo@gmail.com 
    上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
    お申込みください。
    当日の連絡先 → 070-5658-9566
    ■今回の内容■
    「佐藤暁 意見書」要旨の解説
    講師:白倉典武 弁護士(関西訴訟弁護団)
    | ●月イチ勉強会 | 15:07 | - | - |
    2018年9月30日_「漂流するトモダチ」とエイミ・ツジモトさんのお話
    0

       メーリングで案内がありましたが、

      「トモダチ作戦」で放射能被ばくした元兵士たちのことをフリーランス国際ジャーナリストのエイミ・ツジモトさんから聴けるようです。

      ↓↓

      ***************

      原発いらない!

      放射能被ばくゆるさない!

      写真展とお話を聴く会

      ***************

      ■日時■

      2018930()10時〜16時半

      ■場所■

      茨木市福祉文化会館101号室

      ■プログラム■

      写真展中にDVD上映とお話があります。

      13時〜14時 DVD上映「漂流するトモダチ」

      14時〜15時半 エイミ・ツジモトさんのお話

      ■写真展について■

      福島県三春町在住の写真家、飛田普秀氏の写真を展示します。

      原発事故後、飛田さんの故郷福島で、ふつうの人々の暮らしの中から、

      原発事故の傷跡や苦しみを切り取り直視した写真は、変わりゆくもの、決して変わらないものへの優しくも厳しい眼差しを感じさせます。

      ■上映会とお話について■

      「漂流するトモダチ」

      アメリカの被ばく裁判とは何か?をテーマに、米国ワシントン州出身フリーランス国際ジャーナリストであるエイミ・ツジモトさんのお話を聴く会を持ちます。

      7年半前、東北大震災時、米軍原子力空母ロナルド・レーガン号が「トモダチ作戦」と称して、災害支援救助活動を行いました。

      被ばくによる様々な症状は、早いうちから兵士たしに現れ、病状の悪化は進み、すでに9名が死亡しています。

      しかし、米軍は病状と被ばくの因果関係を認めません。

      その後、退役した元兵士は裁判に立ちあがりました。

      エイミ・ツジモトさんは、この原発事故による放射能被ばくを訴える裁判に関心を持ってほしいと米国および日本各地で訴えておられます。

      今や、放射能被ばくの問題は一国だけの問題ではありません。

      ぜひ耳を傾むけてください。

      ■主催■

      放射能から子どもを守る会・茨木

      山本080−3113−2304

      垣内070−5668−2126

      | ●お話会・イベント情報 | 22:56 | - | - |
      10/27(土) 「原発事故と私たちの人権」 森松明希子さん 国連人権理事会報告と 愛知岐阜訴訟の現状
      0

        愛知岐阜・東京・関西

        しっかりつながっていますね。

        企画してくださったの方々にも感謝です。

        サポーターのメーリングでお知らせがありましたのでご案内します。

        お近くの方ぜひ!

        ↓↓

        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

        10/27(土) 「原発事故と私たちの人権」

        森松明希子さん 国連人権理事会報告と

        愛知岐阜訴訟の現状

        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

         今年3月、原発事故により郡山市から関西に母子避難をしている森松明希子さんが、ジュネーブの国連人権理事会本会議で、原発事故被害者の置かれた状況についてスピーチしました。

         当事者からの訴えは、各国代表からも注目され、国内海外のメディアでも取り上げられました。
         国連人権理事会は昨年11月に日本政府に対し、原発事故被害者に関する4つの勧告を出しています。(末尾参照)

        政府もこれらを受け入れると表明していますが、施策にはほとんど反映されず、被害者たちは当たり前の権利を取り戻すために、7年経った今も様々な努力を続けています。

        今回は、国連や国会などで 精力的に避難者の声を発し続けている森松明希子さんを名古屋にお招きし、国連人権理事会の勧告の意義と、原発事故避難者としての思いを多くの人と共有したいと思います。

        後半では関東や愛知・岐阜の避難者にも加わっていただき、シンポジウムも予定しています。

        ぜひご参加ください。

         

        ■日時■

        1027日(土)13:0016:30(開場12時半)

        ■場所■

        ブラザー・ミュージアム

        http://www.brother.co.jp/museum/guide/index.htm#03

        名鉄本線「堀田」駅より南へ2

        地下鉄「堀田」駅出口より北へ3分)

        ■プログラム■

        第1部:国連報告会

            森松明希子さん(国連人権理事会発言者)と

            渡航した福島原発被害者東京訴訟原告による報告

        第2部:「放射能と人権」シンポジウム

            関西訴訟原告 × 東京訴訟原告 × 愛知岐阜訴訟原告

        ■森松明希子さんのプロフィール■

        福島大阪・2児を連れて母子避難中

        東日本大震災避難者の会 Thanks Dream(サンドリ)代表

        原発賠償関西訴訟原告団代、

        原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表

        著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)

        共著:「3.11避難者の声〜当事者自身がアーカイブ〜」、

        red kimono〜福島原子力発電所事故からの避難者たちによるスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters and memoirsby evacuees from Fukushima 〜』

        ■参加費■

        500円(原発事故避難者は無料)

        ■主 催■

        国連報告実行委員会

        ■賛同団体■

        ■名古屋YWCA、チェルノブイリ救援・中部、レスキューストックヤード、未来につなげる・東海ネット、核のごみキャンペーン・中部、原発事故避難者の会・愛知

        ■連絡先■

        E-mailmail@nukewaste.net

        tel080-5102-5872(安楽)

        ---------------------------------------------------------

        ◆319日ジュネーブ国連人権理事会での森松明希子さんの演説

         http://goo.gl/Y7z72s

        ◆20180308国連人権理事会、福島原発事故関連の勧告の意義とは

         院内集会(動画) http://goo.gl/XoXmE2

        ◆2018711日 参議院〜東日本大震災復興特別委員会〜

         参考人陳述(動画50分〜) http://goo.gl/xznSkV

        通販生活 森松明希子さんインタビュー http://goo.gl/Wix1zb

         昨年11月、日本は、国連人権理事会が加盟国の人権状況について相互にレビューする「普遍的定期的審査(UPR)」の中で、福島原発事故被害者に関する4つの是正勧告を受けました。

        避難者が帰還に関する意思決定に参加できるようにする、そのために「国内避難民*に関する指導原則」を適用すること

        妊婦および子どもの権利を尊重し、放射線の許容量を年間1ミリシーベルトに戻すこと

        いわゆる自主避難者の住宅面・経済面の支援、健康モニタリングなどを継続すること

        福島原発事故の被災者や、原爆の被ばく者が保健サービスを
         利用できるようにすること

         国際社会はこのように福島原発事故による避難者を「国内避難民(IDPsInternally Displaced Persons)」と認定し、日本で福島原発事故被害者の人権が守られていないことを懸念しています。

        (日本の人権状況に関するUPRの報告書には、原発事故関連以外にも死刑制度や慰安婦問題、メディアの独立性など、218件の勧告が盛り込まれています)

         

        | ●お話会・イベント情報 | 03:29 | - | - |
        いのちと避難生活をまもる第7回京都公聴会_10月7日
        0

          いのちと避難生活をまもる第7回京都公聴会の案内がMLで流れましたので、案内いたします。

          ↓↓

           原発事故による避難指示等区域外からの避難者に対する「みなし仮設住宅」の無償提供が2017年3月末で打ち切られ、福島県がわずかに実施していた「民間賃貸住宅家賃補助」や「国家公務員住宅の有償提供」も来年3月末で打ち切られようとしています。

           私たちは、避難者を一人も路頭に迷わせないために、下記のとおり民間公聴会を開催し、国や地方自治体に対して、「国内強制移動(国内避難民)に関する指導原則」など国際基準に基づく支援策の実施を強く求めていきたいと思います。

           ぜひ、7回目となる京都(民間)広聴会にご参加ください。

           お近くの避難者にお知らせいただくとともに、情報拡散していただきますようお願いします。

          ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

           原発事故避難者を路頭に迷わせるな!

           いのちと避難生活をまもる第7回京都公聴会

          ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++                                         

          ●日時

          10月7日(日)12:20開場 12:45開始

          ●場所

          京都市こどもみらい館 2階 研修室1

          (京都市営地下鉄「丸太町」駅下車徒歩5分)

          ●参加費

          一般1000円・避難者500円

          ●プログラム(予定)

          *開始時間にご注意ください!

          12:45 開会・事務局報告

          13:00  原発事故避難者と国際人権法

              〜国連人権理事会勧告・国内強制移動に関する指導原則をどう活かすか

              講演 徳永 恵美香さん

             (大阪大学大学院 国際公共政策研究科 招へい研究員)

          13:40 山形避難住宅明け渡し訴訟の現状と今後について

             講演 武田徹さん(裁判当事者代表)

          14:40 休憩(10分)

          14:50 首都圏避難者の現状と取り組みについて

              報告 熊本 美弥子さん

             (避難の共同センター世話人・在宅裁判を準備する会)

          15:20 関西各地からの報告と質疑・討論

          16:45 まとめ・終了

          +++++++++++++++++++++++

           原発事故による避難指示区域外からの避難者に対するみなし仮設住宅が、2017年3月末で打ち切られました。福島県は、打ち切り後の支援策として民間賃貸住宅家賃補助と国家公務員住宅の有償提供を実施してきましたが、それも来年3月末で打ち切ると表明しています。

           また、避難先である京都府が実施してきた独自の支援策も、福島県の動きにあわせて来年3月末で終了します。経済的な理由などで移転先の住宅を確保できない避難者も多く、国家公務員宿舎の有償提供や家賃補助が打ち切られれば、直ちに生活と住宅に困窮してしまいます。

           昨年11月の国連人権理事会では日本政府に対して、オーストリア、ポルトガル、ドイツ、メキシコの4カ国から原発事故被災者に対する政策変更を求める勧告が出され、政府は今年3月、その受け入れを表明しました。

          しかしながら、現時点ではまだ原発事故被災者の人権を保障する動きにはなっていません。

            7回目となる今回の公聴会では、国内避難民である原発事故避難者に対する人権保障のあり方を確認するとともに、山形の避難住宅明け渡し(追い出し)裁判をはじめ、首都圏や関西各地の避難者の現状や取り組みの報告を受けます。

           来年3月末で区域外避難者への住宅支援がすべて打ち切られることにより、避難者が路頭に迷うことがないようにするため、国、福島県、避難先自治体へ国際基準に基づく支援策の実施を強く求めていきたいと考えます。ぜひ、公聴会にご参加ください。

          ++++++++++++++++++++++

          うつくしま☆ふくしまin京都−避難者と支援者のネットワーク                                          

          〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1 コーポ桃山105 市民測定所内

          URL:http://fukushimakyoto.namaste.jp/   e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp

          tel:090-8232-1664 (奥森、夜間のみ)  fax:0774-21-1798

          +++++++++++++++++

          | ●お話会・イベント情報 | 12:57 | - | - |
          京都訴訟_控訴審(大阪高裁)に向けた学習講演会
          0

            京都訴訟原告を支援する会さんよりお知らせが来ました。

            ↓↓

            先日、大阪高裁で進行協議が行われ、下記のとおり、控訴審の期日が決まりました。
            ・第1回期日は今年12月14日(金)午前10時30分 口頭弁論
             原告側からは原告意見陳述(5分),弁護団による弁論要旨の告知(40分)。

            国からは弁論要旨の告知(40分)。

            東電は書面提出のみの予定。
            ・第2回期日は平成31年3月13日(水)午前11時 口頭弁論
            ・法廷は本庁舎(地裁の入っている庁舎)2階 201号または202号
            地裁判決の問題点を理解し、控訴審で全面勝利判決を実現するために、団結を強め、さらなる取り組みを進めていきましょう。
            原告のみなさんも、支援のみなさまも、ぜひご参加ください。
            情報拡散をお願いします。
            +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
             認めて!避難の権利  守ろう!子どもの未来
            支援する会第4回総会&控訴審(大阪高裁)に向けた学習講演会
            +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
            ●日 時 2018年9月22日(土)13:00開場・13:30開会
            ●場 所  京都弁護士会館 地下ホール
            (地下鉄丸太町駅徒歩7分京都地方裁判所東南側)
            ●参加費

            一般700円、原告・避難者300円
            ●プログラム(予定)
             13:30 1部 支援する会第4回総会
             14:15 2部 控訴審にむけた学習講演会
              講演 「国際機関を巻き込んだ東電福島原発事故後の小児甲状腺がん隠し」
              講師 山内知也さん(神戸大学教授)
              15:45 質疑応答
             16:00 原告団・弁護団からの報告等
                    *大阪高裁での進行協議の内容についても報告いただきます!
             16:30 終了(予定)
            +++++++++++++++++++
             京都地裁判決(3/15)は、国の責任を認め、中間指針が認定した地域以外からの避難についても賠償を認めるなど大きな意義がある一方、LNTモデルは科学的に立証されていないと否定しました。

            認定した賠償額はきわめて低額で、避難時期を2012年4月1日まで、賠償期間を避難から2年間と限定するなど、大きな課題があります。
             原告は満額認容された2人を除く全員が大阪高裁に控訴しました。国と東電も控訴したので、57世帯174名の原告全員が控訴審(大阪高裁)を闘います。
             京都訴訟団(原告団・弁護団・支援する会)は、控訴審での完全勝利判決の獲得をめざし、京都地裁判決の問題点を社会的に明らかにする学習講演会を開催することにしました。ぜひ、ご参加ください。
            ++++++++++++++++++++
            ●山内知也さんのご紹介
             1962年愛媛県新居浜市生まれ。大阪大学・大学院で原子力工学を学ぶ。神戸
            商船大学助手、助教授を経て、神戸大学大学院海事科学研究科教授。専門は、
            高分子中イオントラック、放射線物理・化学、放射線計測。福島原発事故後に
            住民の依頼に応えて土壌の放射性物資や空間線量率を計測。科学史の視点から
            小児甲状腺がん多発問題の研究にも取り組んでいる。
            +++++++++++
            ●主催

            原発賠償訴訟京都訴訟団(原告団・弁護団・支援する会)                                         

            (問い合わせ)支援する会

            E-mail : shien_kyoto@yahoo.co.jp
            Tel 090-1907-9210(事務局次長:上野)

            | ●お話会・イベント情報 | 16:29 | - | - |
            9月15日(土)訴訟学習会のおしらせ
            0
              ………… 訴訟学習会のご案内…………
              KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
              今月の第3土曜日は9月15日ですが、この日は『原告総会』があるため、今回だけいつもと違う形での開催になります。
              当日の大まかなタイムスケジュールは以下の予定です。
              (あくまでも原告団中心なので、時間は目安程度に考えてください。)
              13:00 白倉先生から各地の情勢などのお話を原告と一緒に聞く(1203号室)
              13:30 東京訴訟のDVD鑑賞・交流会準備など(1205号室)
              15:00 原告・弁護士・サポーター交流会
              16:50 終了・片付け
              17:00 解散
              ■日時■
              2018年9月15日(土)
              13時〜
              ■場所■
              大阪弁護士会館 1203号室
              13:30以降から参加の方は1205号室へ
              大阪市北区西天満1−12−5
              ■参加費■
               無料
              ■ご予約・お問合せ■
              kansaisapo☆gmail.com (←☆を@に置き換えて下さい)
              上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
              お申込みください。
              当日の連絡先 → 070-5658-9566
              ■今後の予定■
              なお、10月はまた訴訟学習会をしますが、会場の都合により10月13日(第2土曜日)に開催します。
              11月からはまた第3土曜日にします。
              | ●月イチ勉強会 | 22:24 | - | - |
              全国原発賠償訴訟一覧_原告がつづる
              0

                原告の方の投稿です。

                なんとか、全国の裁判も注目してもらおうと、一覧を作ってくれています。

                原告の方の声とともに紹介します。

                ↓↓

                福島をはじめ東日本各地では、原発事故から7年が経過した今でも、福島の原発事故による放射線降下物量が高い場所や土壌汚染が酷い場所が少なくありません。
                 また、小児甲状腺がんも増加し続けているのが現状です。
                 そんな中、国と福島県は避難者住宅を打ち切り、山形においては家賃支払いと立ち退きを求める訴訟も起きています
                 国と東京電力の責任を問う集団訴訟は、全国各地で約30提訴され、国と東電を相手に闘っています。
                 これらの裁判は、避難者のためだけでなく、被災地に留まった人、避難元へ帰還した人はもとより、「原発事故被災者を一人も路頭に迷わせない施策の実現」を目指しています。
                 2018年7月12日現在、9基の原発が再稼働しています。
                 またどこで福島のような事故が起きるかわかりません。
                 そのためにも、1人でも多くの方にこれらの裁判の目的を知っていただき、傍聴に足を運んでいただき、世論を喚起したいと考えています。 
                 ご都合がよろしければ各地の裁判へぜひ足を運んでいただけたら幸いです。
                ◆全国原発賠償訴訟一覧(NEVER FORGET 3.11.)

                http://nuclearpowerplant311.livedoor.blog/

                 

                 

                ↑↑

                 

                引用はここまでですが、下記は、近畿圏における裁判です。

                ぜひ、応援してください。

                10月22日14:00開廷_神戸地裁…ひょうご訴訟(第26回)

                11月 1日14:00開廷_大阪地裁…関西訴訟(第20回)

                12月14日10:30開廷_大阪高裁…京都訴訟(第1回控訴審)

                 

                 

                ひょうご訴訟のチラシ

                 

                関西訴訟のチラシ

                 

                 

                | ●裁判の日程 | 12:48 | - | - |
                イングリッシュカフェとカフェイモニカイの案内
                0

                  関東から奈良に避難されたTさんからの案内です。

                  ↓↓
                  相次ぐ災害により、被災された皆様方には心よりお見舞い申し上げます。
                  避難者交流会のお知らせです。
                  ******************

                  ☆イングリッシュカフェ(ドネーション制)
                  英会話のスキルUPにご活用ください(^^)
                  ******************

                  ■日時■

                  2018年 9月 14日(金)13時〜17時30分(途中入退場・可)
                  ■場所

                  上智大学 大阪サテライトキャンパス
                  http://www.sophia-osaka.jp/campus/
                  「サクラ ファミリア」(大阪梅田教会)4階会議室
                  大阪市営地下鉄御堂筋線の中津駅4番出口から徒歩2分
                  阪急電車梅田駅の茶屋町口から徒歩4分

                  JR大阪駅の御堂筋北口から徒歩10分
                  ■参加対象者■

                  3.11避難者と心を寄せてくださるFriends

                   

                  ******************

                  ☆カフェイモニカイCafe IMONIKAI
                  ******************

                  ■日時■

                  平成30年9月18日(火)  10:30〜15:00
                  (途中からの参加、途中退室も可能です)
                  ※飲み物は各自でご用意ください
                  ■場所■

                  大阪市立社会福祉センター

                  (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)
                  ■参加費■

                  無 料
                  差し入れ大歓迎♪
                  ■参加対象者■

                  3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆
                  ■お申込み■

                  特に不要です。
                  ーーーーーー
                  これまでの交流会の様子など、詳細はこちらのサンドリブログをごらんください→http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-category-14.html
                  皆さまのご参加、お待ちしています。

                  | ●お話会・イベント情報 | 12:08 | - | - |
                  佐賀県にて原発避難者のお話会_2018年10月13日
                  0

                    北海道胆振地方中東部を中心とする地震被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

                    下記は、原告からの案内ですが、紹介するための文章もお読みください。

                    また、佐賀県にご縁のある方、ぜひお知らせいただけたらと思います。

                    ↓↓

                    一昨日の台風21号の恐怖(我が家はベランダのパーティーションが破壊されました!)も冷めやらない中、本日早朝の北海道の地震被害に加え、泊原発の外部電源喪失のニュースには、7年前の東日本大震災がフラッシュバックし、震えが止まりません。。。

                    被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げますとともに最悪の事態にならないことを祈るばかりです。

                    さて、このたびご縁があり、九州・佐賀県にて原発避難者のお話会をさせていただくことになりました。

                    今回は、原発事故当時、小学生だった長女も子どもの立場から避難のお話をさせていただく予定です。

                    原発賠償関西訴訟原告として九州の方々との新たな繋がりも作っていければと思っております。

                    九州地区の原発賠償訴訟の方々や、九州地区にお住まいのお知り合いへお知らせしていただけたら幸いです。

                     

                    ■日時■

                    2018年10月13日(土)14時〜16時

                    ■会場■

                    佐賀県弁護士会館

                    佐賀県佐賀市中の小路7-19

                    ■講演者■

                    加藤(原発賠償関西訴訟原告。

                    九州玄海訴訟第28陣原告・意見陳述者) 

                    高校生長女 (原発賠償関西訴訟原告)

                    ■主催■

                    「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団

                    ■問合せ■

                    佐賀中央法律事務所

                    電話 0952-25-3121(林田)

                    | ●お話会・イベント情報 | 15:09 | - | - |
                    《事務局より》明日9月4日予定のえひめ訴訟結審延期のお知らせ
                    0

                      明日9月4日予定のえひめ訴訟結審延期のお知らせ

                      事務局より連絡です。

                      先程、原発賠償えひめ訴訟を支援する会さんより連絡ありまして、台風21号の接近により、明日予定されていた結審は、延期になったとのことです。

                      今の時点で、結審日は分からないようなので、分かり次第、お知らせしてくれるとのことです。

                      台風の被害がない事祈ってますが、皆さまも、お気をつけください。

                      | ●裁判の日程 | 20:16 | - | - |
                      予定
                      《原発賠償関西訴訟裁判の予定》

                      《第20回裁判》
                      日時:2018年11月1日(木)14:00〜
                      場所:大阪地裁本館202号法廷
                      集合:午後13:00
                      (13:15が傍聴券配布締切)
                      抽選に外れた方は模擬裁判を予定
                      《第21回裁判》
                      2019年2月21日(木)14:00〜
                      《第22回裁判》
                      2019年5月16日(木)14:00〜
                      裁判に関する動画を公開していますのでご覧ください。

                      第2回模擬法廷

                      報告集会

                      第1回模擬法廷

                      報告集会
                      PR
                      SEARCH THIS SITE.
                      MOBILE
                      qrcode
                      OTHERS