PROFILE
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

原発賠償関西訴訟 KANSAIサポーターズ

原発事故で関西に避難してきた人達による、国と東京電力に対しての損害賠償請求訴訟が始まりました。
KANSAIサポーターズは原告となった避難者の皆さんを応援しています!!
訴訟学習会_憲法ミュージカル
0

    ………… 訴訟学習会のご案内…………

    KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。

    いつもは大阪弁護士会館で弁護団の先生方に講師をお願いしていますが、今回は

     

    ≪大阪憲法ミュージカル≫と≪明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)大阪支部≫のコラボ企画

     

    『無音のレクイエム 〜憲法カフェ編〜』

     

    に一緒に参加させていただくことにします。

    大阪憲法ミュージカルは、弁護団の先生も関わっておられ、去年の公演作品『無音のレクイエム』は、戦争によって個人の自由や権利が奪われていった過去を追体験させられる内容で、平和や憲法による人権保護の大切さが身に染みます。

    原発賠償裁判も憲法が拠り所、というわけで、憲法について一緒に考えてみませんか?

     

    【注意】いつもと会場・時間が違います!【注意】

    ■日時■

    2017年1月21日(土)

    13時30分〜16時30分

     

    ■場所■

    難波市民学習センター(OCATビル4階)

     

    ■参加費■

    無料

     

    ■ご予約・お問合せ■

    kansaisapo☆gmail.com (←☆を@に置き換えて下さい)

    上記に参加者される方の氏名をお書きの上、

    お申込みください。

     

    | ●月イチ勉強会 | 14:04 | - | - |
    1月13日(金)の原発賠償京都訴訟第21回期日の報告
    0

      京都訴訟を支援する会よりメーリングで先日の期日報告がありました。

      京都の本人尋問の様子がよく分かります。

      是非お読みください。

      ****************

      1月13日(金)の原発賠償京都訴訟第21回期日の報告です。

      長文、ご容赦ください。

       

      9時半に京都地裁に到着すると、すでに50〜60名ぐらいの方が集まっておられました。

      最終的には130人ぐらいの方が来られたと思います。

      前回と同じように、抽選に当たった方のうち「午前中で帰られる方」を探したところ、ざっと7〜8人ほど把握したのですが、実際に昼休み休廷となった時点で回収できた傍聴券は15枚でした。

       

      昼休みに弁護士会館の地階大ホールに午後から傍聴を希望して来られた方が13名だったので、今回は無抽選となりました。

      車椅子で傍聴された方が3名(途中でさら に1名の方が参加)おられましたが、その方々の席を除いても、午後からは空席が目立ちました。傍聴券を預けずに、そのまま帰られた方がおられたのでしょう。

       

      今回の原告本人尋問は、

      〃鮃被害を不安に思う避難者の代表、

      ⊃搬里望磴いのある避難者の代表、

      H鯑颪鯏喘罎把めざるを得なかった避難者の代表

      の3人がロングタイム(主尋問30分、反対尋問30分)、

      それ以外に3人がショートタイム(主尋問5分、反対尋問20分)

      で行なわれました。

      因みに、3月8日の第24回期日以降はすべてショートタイム方式で行なわれます。

       

      共同代表・萩原さんは、実際に自分や家族の身に生じた症状をあげ、健康不安について証言。

      食品の放射能検査についても、

      下限値が高いことや100ベクレル/圓箸い食品基準は低レベ ル廃棄物として本来厳重に管理すべきものであること、

      チェルノブイリ法では年間1ミリSvを超える地域では移住の権利が認められていること、

      それ未満の地域でも雇用、医薬品の支給、健診などが保障されていること

      をしっかり証言しました。

       

      反対尋問では、原告が話を聞いた野呂美加さんについて、東電の代理人が

      「専門家から批判されている人ではありませんか?」

      と質問する場面もありましたが、原告のHさんは主尋問で、

      「山下俊一の講演も聞いたが、根拠を示さずに『安全だ』と言っていたので信用できない」

      と、被告側のいう「専門家」の実態についてもちゃんと批判していました。

       

      午前中の証言は、原告Hさんだけ終わり、午後からは最初が原告Sさん。

      Sさんは自身が運営していた

      施設の入所者(障がい者)の避難の大変さや事業所を閉鎖せざるを得なかったのつらさ、

      自分自身の避難に伴うさまざまな困難

      について証言しました。

      「何か言いたいことは?」

      との問いに、

      「国や東電の責任の取り方があいまい」

      であることを批判し、裁判長には

      「人として正義と真実に向き合えるよう、チャンスを与えてほしい」

      と要望しました。

       

      それ以外の4人の原告も、それぞれの避難した経緯を述べ、被告側代理人の反対尋問にも堂々と答えました。

      そして、異口同音に

      「帰りたいという気持ちはあるが、元の状態に戻るまでは帰れない」

      と証言しました。

       

      夫の体調不良により福島に帰還した原告は

      「私たちに避難する権利があったと認めてほしい」

      と述べました。

       

      また、イギリス人と結婚している原告は、

      夫が海外の情報と日本国内での情報の違いやEUが輸入禁止している食品が日本国内では出回っていることなどから、日本で暮らしていくことに絶望しイギリスに帰ってしまったため、今はイギリスで家族で生活していることを証言しました。

       

      被告側は相変わらず、原告がこれまでになかった症状が出たと証言すれば

      「病院には行ったか?」

      と問い、

      「行った」

      と答えると

      「その症状は放射線の影響だと診断されたか?」

      という質問を繰り返していました。

       

      ある支援者が感想に書いておられたように、再尋問で

      「放射線の影響ではないと言われましたか?」

      と問い返すことも必要ではないかと思いました。

       

      今回は報告集会を行ないましたが、長丁場を終えたあとだけに、さすがに出席者はいつもの半分以下でした。

      原告のあいさつについて次のような感想が寄せられました。

      「原告団メンバーの絆が強くなっていて心強かったという話を聞き、嬉しくなりました。孤独になりがちなので、いい雰囲気の原告団に嬉しくなりました」

       

      最後に感想の中から、原告への激励メッセージを一つ紹介します。

      「本人尋問に立たれる原告は、証言台に立つ前にぜひ後ろを見て下さい。傍聴席に入れなかった人も含めて、みんなで全力で支えていきますから!!」

       

       

      次回(1月27日)、次々回(2月17日)は専門家証人尋問です。

      次回は原告側証人、被告側証人それぞれの主尋問が行なわれ、次々回はそれぞれの反対尋問が行なわれます。

      原告側証人は、

      元国会事故調委員で医学博士・高木学校メンバーの崎山比早子さんです。

      被告側証人は、

      ー禿諜祖隋閉杭蠡膤愼断ざ擬、福島県立医大県民健康管理調査事業特命教授)、

      ⊆魄羂貮廖癖射線医学総合研究所・放射線防護研究セ ンター長)、

      佐々木康人(特定医療法人・湘南鎌倉総合病院付属臨床研究センター・放射線治療研究センター長)

      の三人です。

      傍聴席を満杯にして崎山さんを応援したいと思いますので、ぜひ裁判所にお越しください。

      ****************

      | →裁判のレポート | 17:55 | - | - |
      第4回「つながるひろがるたんぽぽカフェ」
      0

        原発賠償関西訴訟を応援してくれている方が場を作ってくれました!

        原告団代表の森松さんのお話も踏まえ、避難者問題についての学習会です。

        こちらの「たんぽぽカフェ」は、様々な問題について、定期的に開催されているようです。

        ↓↓

        *****************************

        第4回「つながるひろがるたんぽぽカフェ」

        *****************************

        「たんぽぽカフェ」第4回は、原発事故からやがて6年、様々な課題が露わになったその一つ、原発事故避難者問題について考えてみたいと思います。

        ■日 時■

        1月29日(日)14〜16時

        ■場 所■

        六甲道組合員センター(地図参照)

        ■内 容■

        「もうすぐ6年 福島原発 今なお続く避難

        ■講 演■

        森松 明希子さん(原発事故避難者訴訟団)

        報 告:山田 和子さん

        ■参加費■

        300円(資料代・お茶代) 

        ■たんぽぽカフェ■

        http://tanpopoclub2525.web.fc2.com/tanpopo-2016-12.html

         

        | ●お話会・イベント情報 | 16:54 | - | - |
        <事務局より>第13回期日_3月2日のチラシについて
        0

          第13回期日_3月2日のチラシはすでにできあがっています。

          前回の裁判にお越しいただいた皆様にはお渡ししましたが、MLでも案内いたします。

          チラシ配布するよ。送っていいよ。

          と言ってくださるサポーターの方には、送らせていただきます。

          事務局宛に送り先を教えてくださると嬉しく思います。

          事務局メールアドレス

          kansaisapo★gmail.com (★を@に変えてください)

           

          また、第13回期日_3月2日チラシは、インターネットでダウンロードができます。

          チラシのダウンロード(表)

          https://drive.google.com/open?id=0By9IUfZSwdvgZHFKczdFNFlsMFU

          チラシのダウンロード(裏)…裏面は前回と同じです

          https://drive.google.com/open?id=0By9IUfZSwdvgY3EzQ2xLZl9FakE

           

          原発賠償関西訴訟の次回裁判です
          日時: 2017年3月2日(木)午後14時〜
          場所: 大阪地方裁判所
          集合: 午後13時(13時半迄並んだ方に抽選券配布なのでそれまでにお越しください)

          抽選に外れた方は、弁護士会館1001・1002にて模擬裁判を予定しています

           

           

           

          またすでにお知らせしていますが、京都訴訟は、本人尋問が始まっています。

          原告が被告側からの尋問を受けます。是非、京都訴訟の応援もお願いします。

          ひょうご訴訟も含めこれからも3訴訟とも応援よろしくお願いします。
          ……ひょうご訴訟・京都訴訟の裁判予定………
          京都訴訟…1月 13日(金) 9:35集合(10時15分開廷)京都地裁にて
          京都訴訟…1月 27日(金) 9:35集合(10時15分開廷)京都地裁にて
          京都訴訟…2月 17日(金) 9:35集合(10時15分開廷)京都地裁にて
          京都訴訟…3月  8日(金) 9:35集合(10時15分開廷)京都地裁にて
          兵庫訴訟…3月  9日 (木) 13:30集合 (14時開廷) 神戸地裁にて

          | ●ちらし・資料のダウンロード | 13:37 | - | - |
          《事務局より》第12回期日2016年12月15日裁判応援へのお礼と報告
          0

            《事務局より》

            第12回期日2016年12月15日裁判応援へのお礼と報告

            お越しいただいた皆さま、応援してくださった皆さま、ありがとうございます。

             

            今回の傍聴券の抽選には、108名の方々が並んでくださいました。

            中島先生が裁判前に当日の予定について案内してくれていますが、準備書面は下記が提出となりました。

            ゝ制権限論に関する反論(準備書面36)

            ⇒集可能性及びその時期(準備書面37)

            7覯眠麋魏椎柔(準備書面38)

            このうち、準備書面37・38についてプレゼンが行われました。

            準備書面37…敷地高に対する津波の到来が予見できた時期

            2002年…「長期評価」の知見を「津波評価技術」にあてはめ試算することが可能となった

            2006年…国が東電に対して「新指針」に基づく耐震バックチェック指示を行った

            2008年…東電が「2008年試算」(福島原発を最大15.7mの津波が襲う)の結果を認識した

            2009年…「貞観津波の断層モデル」を知り、これを「津波評価技術」にあてはめ試算する事が可能となった

            準備書面38…国が津波やSAについて結果回避措置

            防護措置をとることが可能であったにも関わらず防護措置を怠った

            などを説明されました。

             

            報告集会では、いつものように、原告からの挨拶があり、本人尋問の始まった京都訴訟を傍聴された様子を伝える場面もありました。

            サポーター事務局からは、いつもカンパを呼びかけていますが、42,377円いただきました。

            毎回お伝えしていますが、集まったカンパのお金は、チラシの印刷代やチラシの発送費に使わせていただくにとどめ、いつか、原告が東京に行く機会も増え始める時期に使えるようにと貯めています。

            皆様、ありがとうございました。

             

            次回は2017年3月2日(木)午後14時〜です。

            集合時間は13時に設けていますが、13:30〜抽選開始ですので、それまでにお越しください。

            応援よろしくお願いします。

            | →裁判のレポート | 14:38 | - | - |
            2016年12月14日京都訴訟_本人尋問始まる
            0

              今月は

              12月14日…京都訴訟

              12月15日…関西訴訟

              12月20日…兵庫訴訟

              とあります。

               

              明日14日の京都訴訟は、本人尋問がいよいよ始まります。

              原告が証人台に立ち、被告側からも質問を受けます。

              どれだけのプレッシャーがあるか…

              先日行われた「福島原発被害東京訴訟」での本人尋問の様子は、「民の声新聞」に掲載されています。
              http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

               

              京都訴訟の応援もよろしくお願いします。

              長丁場です。午前の方と午後の方の入れ替えもあるようです。

              (抽選外れた場合の待機場所は各自になるようです)

              下記、原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会事務局から情報いただきました。

              ↓↓

              ******* <下記引用> *******

              明日14日(水)の第20回期日からいよいよ原告本人尋問が始まります。

              10時15分開廷→12時昼休み休廷→13時10分再開 → 16時30分閉廷の予定です。

              丸一日の裁判となります。

              証言台に立つのは、4名です。

              “鯑饂惻╋莪茲らの避難者Fさん

              家族分離となった避難者Yさん

              2搬価完で避難した避難者Kさん

              と鯑饂惻╋莪莖阿らの避難者Kさん

               

              原告本人尋問については関心が高く、これまでよりも多くの傍聴希望者が集合されることが予想されます。

              抽選番号の配布時間(9時35分〜50分)に来られないと入廷は難しい考えてください。

              1日通しての裁判は初めてでもあり、傍聴者の入れ替 え等についていろいろと検討しましたが、以下のように対応したいと思います。

               

              初めにお断りしておきますが、先日の第19回期日でお配りした傍聴に関するメモ書きでは

              「次回以降は傍聴券は回収されません」とお伝えしましたが、その後弁護団からの連絡によると入廷する時に傍聴券をいったん回収し、出る時に返却する方式に変わったそうです。

              昼休み休廷でいったん全員が退廷する際に傍聴券が各自に返却されます。

              その際、午前中だけで帰る方の傍聴券をうまく回収できれば、午後からの傍聴を希望する方(抽選に外れた方を含む)にお渡しすることが可能になります。

              出口付近で事務局のスタッフが回収しますので、昼休みで帰る方は傍聴券を持って帰らず、必ずスタッフか近くの方に預けてからお帰りください。

               

              午前中で何人の方が帰られるのかは当日にならないとわかりません。

              まったくゼロという可能性もないわけではありません。

              そこで、当選番号が発表された時点で、当たった方に

              「午後から残れない方は挙手してください」

              と声をかけ、午後からの空き席の数を把握したいと思います。

               

              その数を抽選に外れた方にお知らせしますので、あきらめて帰るか、もう一度午後からの傍聴にチャレンジするかを選択してください。

              今回は模擬法廷はなく、待機場所もないので、入廷時刻になった時点でいったん解散していただきます。

               

              午後からの傍聴を希望される方は、12時45分までに弁護士会館地階大ホール(傍聴者の食事場所として確保しています)に集合してください。

              先着順で番号札をお渡しします。

              その数が回収できた傍聴券の数を上回る場合は、抽選をさせていただきます。

              お渡しした番号と同じ番号札を抽選箱に入れ、回収できた傍聴券の数だけ抽選箱の中から番号札を抜き取ります。抜き取った札に書かれた番号をお持ちの方が当選ということになります。

               

              午後から法廷が再開される際にも傍聴券を回収されますので、傍聴券を持っていないと入場できません。

              また、閉廷後には弁護団は進行協議があり、原告は記者会見を行なうため、今回は報告集会もありません。午後の抽選に外れた方は、その時点で帰っていただくことになりますので、ご了解ください。

               

              事務局としても初めて経験なので、14日を終えた時点でみなさんの意見も聞きながら、改善すべき点を検討していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

              ******* <ここまで引用> *******

               

              行けなくても、周りの方に伝えていただける事で少しずつ知っていただけると思います。

              みなさん、応援お願いします。

              | ●裁判の日程 | 16:01 | - | - |
              第29回 避難者交流会 in 豊中_2016年12月11日
              0

                *********************************

                第29回 避難者交流会 in 豊中

                *********************************

                〜放射能に追われたカナリヤ〜
                 「絶望の中で 見つけた希望」
                一番安心する自分の居場所が、一番危険な場所になっていく恐怖を、あなたは …理解できますか。

                ■日時■

                12月11日(日)14:00〜16:30

                ■場所■

                とよなか男女共同参画推進センター・すてっぷ セミナー室 1ABC
                阪急豊中駅 直結 エトレ豊中ビル5階

                 

                ■参加費■

                300円 (避難者は無料)

                保育…同室にお入りください

                 

                ■主催■
                放射能から豊中の市民・子どもを守る会
                http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/
                当日参加も可能ですが、資料の準備の都合上事前に予約していただけるとありがたいです。
                090-8980-2436(山田)tj5tymd@gmail.com

                 

                ■呼びかけ文■
                今回お話しいただくのは、福島県田村市から京都市に夫とともに避難された鈴木絹江さん。

                自らも車いす生活を送りながら、障がい者の自立生活支援に取り組んできました。
                福島に残る選択肢もあったけれど、緩慢なる自殺に向かうのではなく、自分の生を全うし、社会に貢献しながら生きていくために避難を選びました。
                避難で体調を崩し 絶望を経験しながらも、「私には夢がある」と、鈴木さんは話します。

                 

                | ●お話会・イベント情報 | 15:16 | - | - |
                京都訴訟を支援する会より_会報のお知らせ
                0

                  京都訴訟を支援する会よりメーリングにお知らせがありました。

                  ****************

                  会報「原告と共に」NO16と「げんこくだより3」が発行されています。

                  支援する会のブログに掲載しましたので、ぜひ、ダウンロードしてお読みくだ

                  さい。

                  http://shienkyoto.exblog.jp/27077730/

                  ****************

                  なお京都訴訟も応援してください。

                  19回期日12月  7日(水) 9:50集合(10時半開廷)京都地裁にて

                  20回期日12月 14日(水) 9:30集合(10:15開廷)京都地裁にて

                  よろしくお願いします。

                  | ●ちらし・資料のダウンロード | 16:59 | - | - |
                  北千里フェスタにて避難者トーク
                  0

                    *********************************

                    北千里フェスタにて避難者トーク

                    *********************************

                    原発賠償関西訴訟の原告団代表 森松明希子さん。

                    自助団体としてThanks & Dream の代表でもありますが、週末イベント内のステージでお話するそうです。

                    サポーターの皆様、こんなイベントだったら、行ってみよう!って思う方もいらっしゃると思うので、誘い合わせの上、この機会にお話が聞ける場を案内してください。

                     

                    ■日時■

                    11月27日(土)11:00〜16:30

                    ■場所■

                    阪急北千里駅前広場にて

                     

                    ■ステージ内容■

                    -----タイムスケジュール------
                    聞いてささえる、歌ってささえる
                    ステージプログラム
                    11:00 オープニング
                    11:10 「懐かしい曲のエレクトーン演奏」
                    11:30 アコースティックライブ1
                         謎の妄想音楽家が懐かしい名曲を奏でます。
                    12:00 子ども和太鼓「千里竹の子」
                        元気いっぱいの太鼓のパフォーマンス。
                    12:30 潮見裕正ステージ
                        映画、ドラマ、CMで活躍中の期待の星 潮見裕正くんが熱唱します。
                    13:00 森松明希子さんトーク
                        東日本大震災避難者の会Thanks & Dream ・原発賠償関西訴訟原告団代表。

                    震災後関西に母子避難している森松明希子さんに「フクシマ被災者の今」をお話しいただきます。
                    13:30 武藤北斗さんトーク
                       『新しい社会のスタイル“フリースケジュール”について』
                        「パプアニューギニア海産」工場長。震災により石巻から関西に避難。

                    現在茨木市中央市場で“フリースケジュール”による働き方改革を実践。

                    朝日新聞一面や『モーニングショー』でも紹介!
                    14:00 越田ともひろライブ
                        dios音千里でも活躍中の越田ともひろさんのハートフルライブ 
                    14:30 「熊本震災報告」前吹田市議木村裕さんトーク
                        被災地の様子を紹介しながら地域防災を語ります。
                    15:00 替え歌&トーク
                        これからの介護はどうなるの?その答えは風の中さ。
                    15:30 アコースティックライブ2
                        謎の妄想音楽家が懐かしの名曲を奏でます。
                    16:00 「私たちのできること」Mille Village(ミルヴィラージュ)の渡辺シェフトーク
                        被災地支援を行う渡辺シェフと、これからの支援のあり方について考えます。
                    16:30 エンディング みんなで歌おう
                        「上を向いて歩こう」
                    ------------------------------------------------------------

                    ■主催■

                    東日本大震災復興支援・さよなら原発第8回北千里駅前 チャリティーフェスタ実行委員会

                    Facebookイベントページ
                     
                    https://www.facebook.com/events/1222048807818274/

                     

                     

                    | ●お話会・イベント情報 | 15:20 | - | - |
                    第4回測定所まつりin京都〜放射線による健康被害〜
                    0

                      メーリングに案内が来ましたので、紹介します。

                      ↓↓

                      *********************************

                      第4回測定所まつりin京都

                      〜放射線による健康被害〜
                      *********************************

                      測定所まつりは、「放射線による健康被害」がテーマ。

                      ■日時■

                      11月26日(土)13:30〜17:00(13時開場)
                      ■場所■

                      キャンパスプラザ京都 5階 第1会議室

                      JR京都駅前、ビックカメラ向い

                      http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

                       

                      ■参加費■

                      一般1000円 会員700円

                       

                      ■主な内容■

                      ●講演その1

                      西尾正道(にしおまさみち)さん:北海道がんセンター名誉院長

                      講演『長寿命放射性元素 体内取込み症候群について』

                      ●講演その2

                      森国悦(もりくによし)さん:医療問題研究会

                      『甲状腺がん異常多発とこれからの広範な障害の増加を考える』

                       

                      ■申込み■

                      下記ページから申し込んでください。

                      http://kokucheese.com/event/index/435790/

                       

                      ■主催■

                      京都・市民放射能測定所

                      | ●お話会・イベント情報 | 11:34 | - | - |
                      予定
                      《原発賠償関西訴訟裁判の予定》

                      《第13回裁判》
                      日時:2017年3月2日(木)14:00〜
                      場所:大阪地裁本館202号法廷
                      集合:午後13:00
                      (13:30が傍聴券配布締切です)
                      抽選に外れた方は大阪弁護士会館1001・1002にて模擬裁判を予定
                      《第14回裁判》
                      2017年6月1日14時〜
                      裁判に関する動画を公開していますのでご覧ください。

                      第2回模擬法廷

                      報告集会

                      第1回模擬法廷

                      報告集会
                      PR
                      SEARCH THIS SITE.
                      MOBILE
                      qrcode
                      OTHERS