PROFILE
LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
タグふれんず

原発賠償関西訴訟 KANSAIサポーターズ

原発事故で関西に避難してきた人達による、国と東京電力に対しての損害賠償請求訴訟が始まりました。
KANSAIサポーターズは原告となった避難者の皆さんを応援しています!!
次の期日は久々に意見陳述あり!_2019月2月21日14時開廷(集合13時)
0

    原発賠償関西訴訟…21回目の期日は、来週2月21日(木)14時開廷です。

    KANSAIサポーターズ事務局メンバーの1人、水野和子さんがいつもイベントページを作ってくれます。

    裁判長が交替したので、久しぶりに原告の意見陳述があります。

    ぜひ、傍聴にきてください。

    来れなくても、周りの方にこんな裁判あるよと伝えてくれるだけでも大きな応援です。

    どうぞ、よろしくお願いします。

     

    ★原発賠償関西訴訟21回目期日★

    2019年2月21日(木)14時開廷(13時集合)

    大阪地裁202号法廷にて

    傍聴券抽選券配布があります。13:20までにはお越しください。

     

    FACEBOOKイベントページ

    https://www.facebook.com/events/644402919347747/644418496012856/

     

     

    | ●裁判の日程 | 15:27 | - | - |
    3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための Free English Cafe&情報交換会
    0

      KANSAIサポーターズのメーリングに流れた案内です。

      本日開催とのこと、お近くの方、一度のぞいてみてください。

      ↓↓

      ***************

      3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための

      Free English Cafe&情報交換会

      ***************

      ■日時■

      2019年 2月 15日(金)

      午後 1時〜 3時( 3時〜 5時は 日本語交流)

       

      ■会場■

      西宮市男女共同参画センター・ウエーブ 413号室にて

      *西宮市男女共同参画センター・ウエーブは、阪急西宮北口駅、

      南西出口から徒歩3分の プレラ にしのみや 4階(西宮市高松町4-8)

      https://www.nishi.or.jp/access/sonotashisetsu/danjokyodo/danjokyodocenter.html

      1人20分以内(1〜20分)の原子力災害・避難・核関連話題シェアタイム。

       

      ■参加費■

      無料

      軽食持ち込み可の会場となりました!

      ∴差し入れ大歓迎です(^^)

      (重要)ゴミは各自でお持ち帰りくださいm(_ _)m

          

      ■参加対象者■

      3.11避難者と心を寄せてくださるFriends

       

      ■お申込み■

      特に不要

       

      ■お問合せ■

      sandori2014@gmail.com

       

      ■主催■

      母子避難者に寄り添う会

       

      ■共催■

      東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)

      http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2048.html

      | ●お話会・イベント情報 | 11:14 | - | - |
      2月16日(土)訴訟学習会のおしらせ
      0
        ………… 訴訟学習会のご案内…………
        KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
        3月9日、大阪弁護士会は尾松亮氏を招いて講演会を企画しています。
        尾松氏はロシア研究家でチェルノブイリ法に明るく、「子ども被災者支援法」の立法過程でも有識者として係わられました。原発事故関連の著書も上梓されています。
        今回の学習会では、尾松亮先生の講演に関連づけて、もういちどチェルノブイリ法を取り上げてみます。
        ■日時■
        2019年2月16日(土)
        13時〜14時30分
        (このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)
        ■場所■
        大阪弁護士会館 904号室
        大阪市北区西天満1−12−5
        ■参加費■
        原告の方々や避難者の方    無料
        サポーター(テキスト代として) 200円
        ■ご予約・お問合せ■
        kansaisapo☆gmail.com (←☆を@に置き換えて下さい)
        上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
        お申込みください。
        当日の連絡先 → 070-5658-9566
        ■今回の内容■
        「チェルノブイリ法〜尾松亮 講演会に向けて」
        講師:弁護士 中島宏治(原発賠償関西訴訟弁護団)
        | ●月イチ勉強会 | 10:37 | - | - |
        フクシマ・オキナワとつながるミュージカルコメディ 『ガマ人間あらわる』
        0

          KANSAIサポーターズのメーリングに流れた公演会を案内します。

          ↓↓

          3年にわたる福島・沖縄現地取材と交流の中から生み出された

          「月桃の花」歌舞団の最新作、『ガマ人間あらわる』。

          原発、戦争、労働破壊・・・命の使い捨て社会を笑い飛ばす希望のミュージカルコメディです。

          6月15日(土)にむけて、茨木で『公開リハーサル』を開催します。

          お誘いあわせのうえ、ぜひご来場いただき、

          ステージへの率直な感想をお寄せください。

          ****************

          フクシマ・オキナワとつながるミュージカルコメディ

          『ガマ人間あらわる』

          **************** 

          第一回公開リハーサル

          日時:2月10日(日)14:00開演

          場所:茨木市中津コミュニティーセンター多目的室

          第二回公開リハーサル

          日時:5月18日(土) 14:00開演

          場所:茨木市中津コミュニティーセンター多目的室

          どちらも入場無料

           

           

          ****************************

          本公演

          フクシマ・オキナワとつながる希望のミュージカルコメディ

          『ガマ人間あらわる』茨木公演

          ****************************

          ■日時■

          2019年6月15日(土)

          14時開演〜16時半終演予定(開場13時半)

          ■場所■

          茨木市立男女共生センター

          ローズWAM ワムホール

          (阪急茨木市駅西へ500メートル、JR 茨木駅東に800メートル)

          ■チケット■

          前売:高校生以下 500円 

          25歳以下・障がい者・非正規 1000円 

          一般2000円

          当日料金は各500円増し。

          原発事故避難者の方は前売・当日とも500円

          前売りチケット予約ご希望の方は、下記まで連絡ください。

          TEL:080-3113-2304(山本)

          または、06-6885-8475(「月桃の花」歌舞団)

          Mail:info@gkabudan.jp

          ■主催■

           憲法いかそう茨木市民の会・「月桃の花」歌舞団

          ****************************

          【オープニング】

          エイサー(「月桃の花」歌舞団)

           

          【どんなミュージカル?】

          北のシマで生まれ育った島野のぞみ(24)は東京で働く座間味素直(29)と遠距離恋愛中だ。

          某年3月11日のぞみは妊娠に気づく。

          同じ日「このシマ電力第一原発」が爆発事故を起こし放射能をまき散らす。

          逃げた先の南のシマの素直の実家には、東京の「追い出し部屋」からの避難者だという安倍剛が場違いなスーツ姿で座っていて・・・。

          次々に二人を襲う試練。

          そこに、希望はあるか?

          原発、戦争、労働破壊…命を脅かすできごとに心を痛める人へ、

          希望のある未来を探す人へ、

          この時代を生きるすべての人へ

          贈ります‼ガマワールドへ、ようこそ‼

           

          【福島・沖縄公演での参加者の感想】

          ・「生きる」ということが大切なんだなと実感しました。(福島 15歳)

          ・福島県民として むずかしいテーマと思いながらも避けては通れない現実を見つめ、未来に向かって生活していかなければと思います。(福島)

          ・福島と沖縄を結ぶ共通の怒りを舞台にぶつけたと思いました。演奏も効果的でした。(沖縄)

           「フクシマ・オキナワとつながるミュージカルコメディ ガマ人間あらわる」の詳細はこちらをご覧ください。

          http://gkabudan.jp/musical/musical_tour2018/#20180512_fukushima 

          これまで「ガマ人間あらわる」を取り上げた新聞の一部をUPしました。

          http://gkabudan.jp/musical/media/

          | ●お話会・イベント情報 | 16:05 | - | - |
          2019年2月17日_電カ自給で原発いらない_田中優さん講演会
          0

            KANSAIサポーターズのメーリングに流れたお話会を案内します。

            ↓↓

            ****************
            電カ自給で原発いらない

            自然工ネルギーで笳く

            豊かな暮らし

            ****************

            「電カ自由化」でも「発送電分離」でも、

            原発におカネが回る仕組みは相変わらず

            上からの疫化を待つよりも、

            私たちから新しい試みを始めませんか?

             

            電カ会社の送配電網(クリッド)にサヨナラするのが

            「オフ・クリッド」

            受け身の「消費者」から、

            自然の恵みで工ネルギーをつくる「生産者」へ

            独立した電源は災害にも強いつながって、地域を支える工ネルルギー網へ⋯

            自らオフクリッド生活を楽しむ田中優氏のお話には、

            目からウロコのアイテアがいっぱい

            未来を引き寄せるために、

            今日からできることが、ここに!


            ■日時■

            2019年2月17日(日)午後2時〜4時(開場1時30分)

            ■場所■

            ノバティながの多目的ホール(南館3階〉)

            南海/近鉄河内長野駅前

            ■講師■

            田中優さん

            ■資料代■

            500円必学生は無料

            ■主催■

            なくせ原発!河内長野テモ実行委員会

            ■問合せ■

            0721-53-3343(藤丸)

            email:k.nagano311@gmail.com

            blog: Knagano311.blog.fc2.com

            twitter: twitter.com/K.nagano311

            facebook: facebook/K.nagano311

            ■プロフィール■

            〇たなかゆう1957年東京都生まれ。

            〇地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNG0活動に関わる。

            2012年末に岡山に移住・2013年5月、自宅では電力会社との電線をかットし、電力会社に頼らない、太陽光パネ

            ルと独立電源システムの生活=「オフグリッド生活」を始めた。

            〇現在「未来バンク事業組合」「天然住宅バンク」理事長、「ap bank」監事、「一般社団法人天然住宅」代表、

            「自工ネ組」相談役を、以前は「日本国際ボランティアセンター」理事も務める.

            〇横浜市立大学、恵泉女学園大学の非常勤講師。

            く主な著書〉

            「電気は自給があたりまえオフグリッドで原発のいらない暮らしへ」(合同出版)

            「おカネで世界を変える30の方法」「世界から貧しさをなくす30の方法」(合同出版)

            「放射能下の日本で暮らすには?食の安全対策から、がれき処理問題まで」(筑摩書房)

            「子どもたちの未来を創るエネルギー」「地宝論」(子どもの未来社)

            「原発に頼らない社会へ」(タケダランダムハウス)

            「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」(河出書房新社)など

            <公式HP>

            田中優の持続する志 http:/ I www.tanakayu.com/

             

             

            | ●お話会・イベント情報 | 13:22 | - | - |
            公開シンポ_放射能汚染地域で暮らすリスクと避難の権利を考える
            0

              同志社大学の藤岡先生から2月3日公開シンポジウムの案内をいただいています。

              ↓↓

              ****************

              <公開シンポジウム>

              放射線防護基準と放射線生物学——その歴史と現状

               〜放射能汚染地域で暮らすリスクと避難の権利を考える〜

              **************** 

              日時

              2019年2月3日(日) 13時15分〜17時40分

              場所

              同志社大学烏丸キャンパス志高館110番教室

              地下鉄烏丸線・今出川駅北へ徒歩5分

              烏丸キャンパスへのアクセスは以下参照

              https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html

              催■

              日本学術振興会科研費「放射線影響研究と防護基準策定に関する科学史的研究」班 

              放射線被ばくの科学史研究会

              日本科学史学会生物学史分科会

              プログラム

              司会     市川浩 (広島大学大学院 総合科学研究科教授)
              主催者挨拶  柿原泰 (東京海洋大学准教授)
              趣旨説明   藤岡毅 (同志社大学 理工学部嘱託講師/大阪経済法科大学客員教授)

              第1部 放射線健康影響の科学と歴史 

               講演1「低線量被ばくの健康影響について〜福島の甲状腺がんを中心に」

                  本行忠志 (大阪大学大学院 医学系教授,放射線生物学教室) 

               講演2「原子力開発と結びついた放射線防護基準の歴史と現在」

                  高橋博子 (名古屋大学大学院 法学研究科研究員,米国史)

              第2部 原発事故被災者から見える視点と法の役割 

               講演3「事故から被った被害と避難の正当性

               〜『被ばくからの自由(避難の権利)』の確立を求めて〜」 

                  森松明希子 (東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 代表/原発賠償関西訴訟原告団代表) 

               講演4「原発事故被災者の権利を守るための司法での闘い」

                  井戸謙一 (弁護士/子ども脱被ばく裁判弁護団長) 

              第3部 コメントと討論

               コメント1 山内知也(神戶大学大学院 海事科学研究科教授)

               コメント2 徳永恵美香(大阪大学大学院 国際公共政策研究科 招へい研究員) 

               コメント3 除本理史(大阪市立大学大学院 経営学研究科教授) 

              全体討論

              ■開催趣旨■

              http://www2.kaiyodai.ac.jp/~ykakihar/img/file161.pdf

              ■藤岡先生より■

              シンポジウム後に懇親会があります。

              まだ、少し席が空いています。

              参加希望の方は藤岡までメールください。

              藤岡毅(jcf10563@nifty.com

               

               

              | ●お話会・イベント情報 | 10:56 | - | - |
              全国の訴訟を応援しています。各地日程です。
              0

                原発賠償関西訴訟の原告のKさん

                全国の訴訟を応援すべく、まとめてくれています。

                下記、メーリングに投稿してくれました。

                Kさん、ありがとうございます。

                ↓↓

                 

                国と東京電力の責任を問う集団訴訟は、全国各地で約30提訴され、国と東電を相手に闘っています。
                https://trialofevacuees.blogspot.com/p/blog-page_47.html

                私たちはこの裁判で、「事故の原因究明と責任の追究」「損害の完全賠償」「被害回復のための政策転換」を求めていますが、それは「安心して、ふつうに暮らす」という当たり前のことを認めてもらう裁判でもあります。

                多くの方に私たちの裁判の意義を知っていただき、傍聴や情報を拡散していただくことにより、世論を喚起し、よりよい判決へとつながると思っています。

                2月の裁判期日日程一覧を作成しました。
                2月20日には、かながわ訴訟の判決が下されます。

                関西訴訟同様、みなさまの応援をよろしくお願いします。

                <原発賠償関西訴訟原告団>
                https://trialofevacuees.blogspot.com/

                | ●裁判の日程 | 18:21 | - | - |
                フランスTOPOで漫画化!
                0

                  フランス、グルノーブル在住のサポーターさんから案内がありました。

                  世界の方々にも、事実を少しでも知ってもらい、また考えるきっかけになると思います。

                  ↓↓

                  **********************

                  郡山市から札幌、沖縄、姫路と避難した少年の物語がフランスで子ども向け漫画になりました。
                  実話に基づく物語で、事故発生後2年目に単身で避難した少年は当時15歳でした。

                  フランスの出版会社は10歳から15歳くらいまでの子どもをターゲットにして社会問題を漫画にして出版しているTOPOという雑誌です。

                  普通の本屋さんで買える雑誌で、中高校の図書館でも購入してくれるようです。

                  自分たちと同じ年頃の少年の物語としてフランスの子ども達が身近に感じてくれればと思います。

                  ご本人と、避難に尽力したお母さんとの協力を得て完成させました。

                  作・画はフランスの市民団体「遠くの隣人3.11」です。

                  原発訴訟関西訴訟の大阪地裁前での横断幕を持った行進や森松さんの国連でのスピーチの様子なども登場しますので、ご照覧ください。

                  **********************

                   

                   

                   

                  | ●お話会・イベント情報 | 12:14 | - | - |
                  1月19日(土)訴訟学習会“特別編”のおしらせ
                  0
                    ………… 訴訟学習会のご案内…………
                    KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
                    新年最初の第3土曜日となる1月19日は、いつも学習会をしている大阪弁護士会館では、大阪弁護士会の主催する「人権×まつり」が10時〜16時半まで開催されています。

                    チェルノブイリ原発から3.5キロの街 プリピャチで6歳の時に原発事故に遭ったナターシャ・グジーさんが歌うステージもあり、他にも1日盛りだくさんの内容です。
                    そこで今回は、「人権×まつり」に参加することで学習会に替えさせてもらうことにしました。

                    13:30〜17:00の時間は1107会議室(予備として1108会議室)が利用できますので、催し物を見て回るのもよし、部屋で交流するのもよし、思いおもいに過ごし、人権について考える一日にしましょう。

                    ■日時■
                    2019年1月19日(土)
                    12:30〜13:20 ナターシャ・グジーさんコンサート
                    13:30〜17:00 交流部屋開放(1107会議室、1108会議室(予備)が利用できます)
                    「人権×まつり」は 10:00〜16:30の間、各種催しがあります。
                    内容については添付ファイルまたは下記URLにて!
                    「人権×まつり」イベントページ
                    http://www.osakaben.or.jp/event/2019/2019_0119.php?fbclid=IwAR2K111Ai2Nzh6uSrM6_J7dua_DFQ2_4vbFnWrFp8Zy_fQV1RHlMxMisD3c
                    ■場所■
                    大阪弁護士会館 904号室
                    大阪市北区西天満1−12−5
                    ■参加費■
                    無料(「人権×まつり」のプログラムによっては有料イベントもありますので、その分は各自ご負担ください。)
                    ■ご予約・お問合せ■
                    kansaisapo@gmail.com 
                    上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
                    お申込みください。
                    当日の連絡先 → 070-5658-9566
                    ■今回の内容■
                    「人権×まつり」に参加して交流しよう!
                    | ●月イチ勉強会 | 16:35 | - | - |
                    2019年今年もよろしくお願いします_原告団代表森松明希子さんの挨拶
                    0

                      皆さん、2019年スタートしましたね!

                      今年もよろしくお願いします。

                      早速、原告団代表の森松さんが新年早々挨拶がありましたのでお伝えします。

                      ↓↓

                      ご一緒に歩んでくださる全国の皆様へ

                       

                      東京電力福島原発事故により国内避難を続けています森松明希子です。

                      旧年中は大変お世話になりました。

                      本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                       

                      特に、いよいよ私の所属しています原発賠償関西訴訟は

                      とうとう本人尋問が今年中には始まる予定でございます。

                      3.11前には会ったこともなかった普通に暮らしていた市井の人々であった私たちですが、これまで互いに理解を深めながらただ一点、

                      原発事故による権利の侵害、基本的人権の蹂躙には黙らない事を心に決め、

                      それぞれが被害と恒久救済と2度と同じ被害を繰り返さないことを願って

                      裁判に挑んでまいりました。

                      本人尋問では全世帯がタスキを繋ぐつもりで

                      裁判官の皆さんの前でしっかりと自身が受けた被害と守りたい権利を主張して参りたいと思います。

                      どうか、傍聴席からの熱い応援とお支えを心からお願い申し上げます。

                       

                      なお、221日の口頭弁論期日@大阪地裁では、提訴して以来、

                      実に五人目の裁判長に弁論の更新として原告からの意見陳述もございます。

                      どうぞ今年もまた、傍聴席からの応援、重ねてお願い申し上げます。

                       

                      森松明希子

                      2019年2月21日(木)

                      『避難の権利』を求める裁判(原発賠償関西訴訟)第21回口頭弁論期日

                      @大阪地方裁判所

                      http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2009.html

                       

                      | ●お話会・イベント情報 | 21:21 | - | - |
                      予定
                      《原発賠償関西訴訟裁判の予定》

                      《第21回裁判》
                      日時:2019年2月21日(木)14:00〜
                      場所:大阪地裁本館202号法廷
                      集合:午後13:00
                      (13:15が傍聴券配布締切)
                      抽選に外れた方は模擬裁判を予定
                      《第22回裁判》
                      2019年5月23日(木)14:00〜
                      《第23回裁判》
                      2019年8月22日(木)14:00〜
                      裁判に関する動画を公開していますのでご覧ください。

                      第2回模擬法廷

                      報告集会

                      第1回模擬法廷

                      報告集会
                      PR
                      SEARCH THIS SITE.
                      MOBILE
                      qrcode
                      OTHERS